問合件数:9,109件(9月現在)

浴室やお風呂場の排水口から臭いがする際の対処方法

目次

1、浴室やお風呂場の排水口の臭いを止める仕掛け
2、浴室やお風呂場の排水管内部の汚れによる臭い
3、臭い防止の浴室や風呂場のメンテナンス方法

1、浴室やお風呂場の排水口の臭いを止める仕掛け

1-1、排水管に設置されるトラップとは

トラップとは、排水管内に封水と呼ばれる水を溜め、その水を使用して下水管からの悪臭や害虫を除く仕掛けを指します。排水管を「英文字Sを横倒し」の形状にした「S字トラップ」や、排水口に椀状の覆いをかぶせた「椀トラップ」等が一般的で、S字トラップは洗面所の排水管に、椀トラップはキッチンのシンク、及び浴室やお風呂場の排水口部に使われることが多いです。このトラップに溜めておく封水が消失することで、排水管から下水道の臭いや虫が浴室やお風呂場に侵入してきます。

1-2.トラップが原因で排水口から臭うケース

1-2-1、サイホン効果

他の排水系統で急に大量の排水を行った場合に、その排水の流れによってトラップより内部の気圧が低くなり、それによってトラップ部の封水を一緒に吸引してしまうことがあります。これをサイホン効果と呼びます。大量排水の終了後に封水の補給が必要です。

1-2-2、毛細管現象

髪の毛をはじめとする体毛、及びタオルの糸などの細長い繊維状のゴミがトラップ部から排水口に垂れ下がることで、封水が繊維状のゴミを伝い排水口に流れ落ちて、トラップの封水を流してしまうことがあります。これを毛細管現象と呼びます。トラップ部を洗浄して毛細管現象を起こさないようにすることが必要です。

1-2-3、封水の蒸発

長期間浴室やお風呂場を使用していないと、排水口の封水部分の水が蒸発してしまうことがあります。これがトラップ内の封水の蒸発です。また最近の戸建住宅では24時間換気を行っている場合に、室内の気圧が低くなることで封水の蒸発が通常よりも早くなる場合もあります。いずれにせよ封水を補給することで解消します。

2、浴室やお風呂場の排水管内部の汚れによる臭い

2-1、浴室やお風呂場の排水管内は汚れやすい

浴室やお風呂場の排水管内は、とても汚れやすくなっています。排水口に流れ込むものとして「毛髪や体毛、使用後の石鹸やシャンプー、皮脂や老化した皮膚、水垢」などがあります。このために浴室やお風呂場の排水管内部は、使用したお湯以外にも様々な汚れの通り道となっているため、汚れやすく雑菌がたまりやすい場所となります。

2-2、臭いだけではなく、詰まりやすい排水管内部

このように汚れやすく雑菌がたまりやすい排水管内からは、その汚れを発生源とする臭いが生じてきます。さらに排水管内部では、体から出た皮脂と石鹸やシャンプーとが混じって詰まりの原因物質となり、排水管の内側にこびり付きます。この物質が他の汚れを絡め取り、さらに物質同士が結びついて折り重なって蓄積されることで、排水管の流れをどんどん悪くしていきます。最悪の場合にはこの物質が排水管内部で詰まった状態となり、排水管内での排水の流れを遮断してしまいます。

2-3、排水管内部の汚れを確認する方法

2-3-1、汚水枡を開いての確認

敷地内には浴室やお風呂場の排水口に流す汚水を一旦受け止める「汚水桝」が設定されています。この汚水桝の蓋を開いた状態で、排水口から水を流してみてください。流した状態と同じ水量が同じ勢いで汚水桝に出てくれば良いのですが、水の勢いが弱まる、もしくは流したよりも少ない水量しか汚水桝に達していない場合は、排水管内部で詰まりが発生している危険が大です。

2-3-2、排水管内部からの虫の発生

排水管内部から小バエやゴキブリなどの虫が発生して屋内に侵入している場合、排水管内に虫が巣を作り、そこで次々と虫が発生している可能性があります。巣ごと除去するなど根本的な駆除が必要となります。

3、臭い防止の浴室や風呂場のメンテナンス方法

3-1、日常のメンテナンス

3-1-1、トラップの機能チェック

定期的に浴室や風呂場の排水口を分解清掃して、トラップの機能が十分かのチェックを行いましょう。トラップ部の封水切れ以外にも、トラップの椀がずれていた、部品に傷があったなどの理由でトラップの機能が十分に発揮されておらず、トラップ部の手直しで正常に機能して悪臭が消えたケースが数多くあります。定期的にトラップ部の清掃と機能チェックをしましょう。

3-1-2、排水管内部の清掃

排水管内部には、定期的な市販の薬剤の投入や先端がフレキシブルに動くブラシなどを使用して、排水口に近い手が届く部分だけでも排水管内部の汚れを落としましょう。排水口に近い部分だけでも定期的に清掃を行うことで、悪臭や虫の発生を減らせます。

3-2、定期的なメンテナンス

3-2-1、集合住宅では当たり前に行われる高圧洗浄法

定期的なメンテナンスでは、浴室やお風呂場の排水口から汚水桝までの排水管の「高圧洗浄による汚れ除去」がお勧めです。この高圧洗浄での排水管洗浄は、集合住宅では定期的に行われています。というのも「一箇所での排水管の詰まりが多くの世帯に影響を及ぼす危険のある」集合住宅では、定期的に高圧洗浄で排水管内部の汚れを落とすことが最も効率的でかつ効果のある方法だからです。

3-2-2、戸建住宅でも高圧洗浄法が有効な理由

以前は住宅の敷地も広く、排水管の引き回しも単純なものでしたが、近年は住宅の敷地や下水本道との接続、及び汚水桝の設置場所の関係で、昔のような「傾斜角度や引き回しに余裕を持った排水管の設置が必ずしも行われていない」現状もあります。これによって排水に十分な傾斜が取れない排水管や、迂回して角部の多い排水管も存在し、汚れが排水管内に溜まりやすくなっています。従って定期的なメンテナンスとして浴室やお風呂場の排水口から汚水桝までの排水管に高圧洗浄を行い、排水管内部を清潔に保つことが、排水管を長期間交換することなく利用できる最適なメンテナンス方法です。

排水管クリーニングはイエコマへ

家のプロによる排水管高圧洗浄が…

詰まり清掃:5,200円/ヵ所

外配管のみ:5,000円/一式

外・内配管:9,800円/一式
排水管清掃 何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

ページトップへ戻る