問合件数5000件突破!!

家庭で行うお風呂場の排水口からその先の排水管までの掃除について

目次

1、お風呂の排水口から先を掃除する理由
2、排水口や排水管の掃除を怠った場合の影響
3、定期的な清掃方法

1、お風呂の排水口から先を掃除する理由

1-1、お風呂場の排水口から先のしくみ

1-1-1、排水口のトラップ

排水口のトラップとは、下水道や排水管から悪臭や害虫が入らないようにするための、排水口部の仕掛けです。トラップの中に常に「封水」と呼ばれる水を溜めて、その水でお風呂場側と排水管側の空気が直接接触しないようにします。お風呂場の排水口では、排水管の入り口に椀のようなカバーを被せ、その周囲に封水を溜める「椀型トラップ」と呼ばれるしくみを使うのが一般的です。

1-1-2、排水管の引き回し

トラップの先には排水管が繋がり、屋外の「排水桝」と呼ばれる枡まで引かれて排水口からの排水を送ります。通常は「お風呂場の排水口から排水桝までの傾斜角度」が決められていて、スムーズに排水が流れるよう設計されています。しかし家の立地条件や宅地状況による理由や、「元々の風呂場の位置をリフォームで移動させた」場合等、排水管に十分な傾斜角度が付いていない場合や、必要以上に排水管の経路が曲がりくねって設置された場合もあり、排水管の状態には注意が必要です。

1-1-3、排水桝

排水管の先には排水桝があります。この排水桝には設置する理由が2つあり、「排水桝に一旦排水を溜めて、汚れを沈殿させて下水道に流す」ため、そして「排水管のメンテナンスを行うため」です。

1-2、排水口経由の排水管内の汚れの原因

1-2-1、髪の毛をはじめとする体毛

お風呂場で体を洗うことで、抜け落ちた毛髪や体毛が排水口から流れます。この体毛類が排水管の内側に引っ掛かり、排水を流しにくくする原因となります。可能な限り排水口の部分で体毛を拾い集め、ゴミとして出すのが排水管を傷めないコツです。

1-2-2、石鹸やシャンプーなどの薬剤

石鹸やシャンプーなどの薬剤は、そのままでも排水管の内側にこびりつくのと同時に、体の脂分と結合して「酸性石鹸」という名の汚れ成分になります。この酸性石鹸が排水管の内側に付着して硬化することで、排水の流れを悪くします。さらにこの酸性石鹸が体毛を巻き込むことで、より一層排水に悪影響を及ぼします。

1-2-3、その他固形物

排水口を分解して掃除を行っている際に、誤って掃除道具やお風呂場の備品等を排水管内に落としてしまうことがあります。水を流すことでそのまま排水枡まで流れ出れば良いのですが、多くの場合は排水管の途中に留まり、水の詰まりの原因となります。放置すると排水管の詰まりや排水管の破損の原因ともなり得るので、水道設備業者に依頼して回収する必要があります。

2、排水口や排水管の掃除を怠った場合の影響

2-1、悪臭

2-1-1、トラップが効かなくなる様々な症状

お風呂場の排水口のトラップが効かなくなると、下水道や配管内部の臭いがそのままお風呂場に達して、悪臭がします。トラップが効いているかの確認をしましょう。
原因の多くはトラップの封水が無くなっていることですが、これは次のような理由があります。

(1) トラップ部品の設置ミスで封水が溜まっていない。
(2) しばらくお風呂場を使用していないことで、トラップの封水が蒸発した。
(3) トラップにタオルなどの糸くずや毛髪などの細い繊維が溜まることで、トラップの封水が繊維を伝って排水口に流れ出た。(毛細管現象)
(4) お風呂場の排水管と接続する他の排水管に大量の排水があったことで、封水より奥の排水管内の気圧が下がり、封水が排水管内に吸われた。(サイホン現象)

2-1-2、下水道の悪臭と、排水管内の悪臭

下水道や排水管内の悪臭がそのままお風呂場まで届く場合は、前項で述べた通りトラップ部の機能が正常かどうかを確認してください。
また、排水管内の悪臭防止には定期的に排水管の清掃を行うことが必要です。

2-2、排水管の詰まり

排水管の詰まりは、前にも述べたとおり「薬剤の残りカス、及び酸性石鹸が排水管の内側で硬化して、さらにそこに体毛などが絡み込むこと」で発生します。そのまま放置すると、管の内部で排水の通り道が塞がれて、その先に排水が流れない、もしくは排水管が内部から水圧で破損するなどの大きなトラブルが発生して、排水管の交換が必要となります。費用面、排水を使用できない期間面とで日常生活に支障となります。

2-3、害虫の発生

更に排水管内側の詰まり部分は、小バエやゴキブリなどにとっての餌がある格好の産卵場所となります。トラップの機能が十分に働いていない時に、これらの害虫が排水管内からお風呂場へ侵入してくる危険もあります。
害虫の発生を防ぐには、排水管内を定期的に清掃して害虫の巣を駆除しましょう。

3、定期的な清掃方法

3-1、排水口の清掃方法

排水口は、トラップが十分に機能するようにまめに清掃を行ってください。清掃方法は、トラップ部分を定期的に分解して各パーツや封水が溜まる部分を薬剤で洗います。最後に分解前と同様に組み立てて封水用の水を注ぎ、封水が留まることを確認します。

3-2、排水管の清掃方法

3-2-1、日常的な清掃方法

排水口のトラップを分解清掃する際には、排水管の内部に市販の洗浄薬剤を投入して、排水管内の清掃を行ってください。定期的に行うことで、排水管内で硬化前の汚れを落とすことが可能です。

3-2-2、定期的な実施が排水管に有効な高圧洗浄

排水口から排水桝までの排水管は、日常的な清掃を行っていてもどうしても日々の汚れが蓄積されていくものです。マンションなど集合住宅で定期的に行われる「排水管の高圧洗浄」を戸建住宅でも行って、排水管内の汚れを取り除きましょう。排水管に定期的な高圧洗浄を行うことで排水管内の汚れが削ぎ落とされて、排水管がスムーズに流れるのみならず排水管自体の寿命も伸びます。

 

ページトップへ戻る