問合件数:9,109件(9月現在)

すぐに直そう|排水管のつまりの原因と対処方法を紹介

排水溝のつまりには様々な原因が考えられます。もし詰まってしまったら、原因を突き止めて対処しましょう。個人レベルでできるケースから、業者に依頼しないと直らないケースまでご紹介します。

目次

1、排水溝がつまる原因
1-1、台所
1-2、浴槽
2、自分でできる対処法
2-1、市販の配水管清掃洗剤を使う
2-2、排水ワイヤーを使う
3、業者に依頼して直すケース
4、まとめ

1、排水溝がつまる原因

排水溝が詰まる原因は、場所によって異なります。

1-1、台所

台所の排水溝がつまる原因の1つは、油汚れです。揚げ物をしたフライパンや鍋には多くの油がついており、洗い流した油が排水溝に蓄積されてしまうのです。

油そのものは液体なので、つまりの原因とは思えないかもしれません。でも、長年蓄積されることにより徐々に固形化し排水管を狭くしてしまいます。

1-2、浴槽

浴室の排水溝のつまりは髪の毛が原因となっているケースがほとんどです。特に女性の長い髪や、家族が多く大量の髪の毛が毎日流れてしまう環境であれば、短期間でつまってしまう可能性もあります。

排水管内で髪の毛がたまってしまうと、石鹸カスや皮脂汚れなどがその髪の毛に絡まってしまい、さらにつまりやすくなってしまいます。

2、自分でできる対処法

排水溝のつまりは自分で対処できる方法もあります。

2-1、市販の配水管清掃洗剤を使う

自分で対処できる方法としてもっともお手軽なのが、市販の配水管清掃洗剤を使用する方法です。
ホームセンターなど売っている配水管清掃洗剤を数回使用してみるだけでも、軽度なつまりであれば改善できます。

また、配水管清掃洗剤を使用したあと、水ではなく湯で流すことで洗浄効果が大きくなるので覚えておくと良いでしょう。

ただ注意したいのは、お湯の温度は必ず60℃以下にするということです。60℃以上で流してしまうと排水管が熱に耐えられず変形してしまい、水漏れの原因となる恐れがあります。

2-2、排水ワイヤーを使う

もう一つの方法として、排水ワイヤーを使用して排水溝のつまりを改善することもできます。

市販されている排水ワイヤーを排水管に通し、つまっている箇所でワイヤーをねじったり回転させてつまりを取り除きます。

この方法は物理的につまりを取り除けるので、つまっている箇所までうまくワイヤーを届かせることができれば効果は絶大です。

最後にお湯を流して落とした汚れを流しておきましょう。

3、業者に依頼して直すケース

軽度のつまりであれば自分で直すこともできますが、頑固な汚れや固形物が原因のつまりの場合は専門業者に依頼することが賢明です。

不意なことからシャンプーのフタや、子供の小さなおもちゃなど固形物が流れてしまうこともあると思います。

こういった場合のつまりは自分でどうにかしようとすると、かえって傷口を広げてしまう恐れもあります。必ず業者に依頼して取り除いてもらいましょう。

固形物はつまったまま放置しておくと取り除く作業が困難になり、その分費用も高くなる可能性があるので、なるべく早く依頼することをおすすめします。

業者に依頼した場合、頑固な汚れなどに対しては、高圧洗浄などで管内をきれいにしてくれます。内視鏡スコープで排水管の内部を確認し、洗浄後もちゃんときれいに洗浄できているか確認してくれるので安心です。

4、まとめ

排水溝のつまりは、なるべく早めに対処することが大切です。定期的に配水管清掃洗剤などでメンテナンスしてあげると深刻なつまりを発生する事態は回避できます。

台所では、なるべく料理のカスや油は流さないように心がけ、浴室も髪の毛が流れにくくなる排水ネットなどで被害を最小限に食い止めておくようにしましょう。

それでも長年使用していると少しずつ汚れは蓄積していってしまうもの。自分で対処しきれないレベルになってしまった場合は、無理をせず早急に業者に依頼することをおすすめします。

素人が無理して自分で解決しようとすると、必要以上に修繕費用がかかってしまうことにもなりかねません。改善が難しいと感じたら、素直にプロにお願いするようにしましょう。

排水管クリーニングはイエコマへ

家のプロによる「家全体」の排水管清掃が、

9,800円(税別)追加料金一切なし! 排水管清掃 何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

ページトップへ戻る