問合件数:9,109件(9月現在)

水のトラブルで困ったらおさえておくべき原因と対策

水回りでありがちなトラブルの原因と対処法をご紹介します。蛇口からの水漏れやトイレのつまりなどは、日常生活に支障をきたします。放っておかず、早めに対処しましょう。

目次

1、蛇口からの水漏れ
 
1-1、事例1:ハンドルやレバーからの水漏れ
 
1-2、事例2:吐水口からの水漏れ
 
1-3、事例3:パイプの付け根からの水漏れ
 
1-4、事例4:蛇口の壁面設置部分からの水漏れ
2、トイレのつまり
3、排水のつまり
4、排水・給水の水漏れ
5、まとめ

1、蛇口からの水漏れ

蛇口からの水漏れは、放っておくと水や水道代を浪費してしまう他にも、蛇口まわりを劣化させてしまう恐れがあります。

ですので、水漏れを発見した際には早めに原因を探り、その原因に合った対処をすることが必須です。水漏れの箇所別に4つの事例に分けて原因と対処法をご紹介しましょう。

事例1:ハンドルやレバーからの水漏れ

ハンドルやレバーからポタポタと水が漏れてしまう原因としては、ナットやボルトのゆるみや、パッキンなど内部パーツの劣化が考えられます。

ナットやボルトのゆるみであれば、該当箇所をしめ直すだけで水漏れは止まります。

また、内部パーツの劣化であっても、パーツ交換のみで比較的簡単に修理することができるでしょう。ホームセンターやネットでもメーカーによってはパーツを入手することができますので、パーツさえ手に入れば自分で修理することも可能です。

事例2:吐水口からの水漏れ

蛇口をひねると水が出る部分を吐水口(とすいこう)といいます。ここからの水漏れは、吐水口に設置されているフィルターやカードリッジが汚れている可能性があります。

蛇口の種類にもよりますが、蛇口をしっかりしめても水がポタポタと止まらないという際には、吐水口のフィルターもしくはカードリッジを交換してみてください。

事例3:パイプの付け根からの水漏れ

蛇口パイプの付け根から水が漏れているということであれば、主に3つの原因が考えられます。ナットなどのゆるみ、パッキンなど内部パーツの劣化、そしてフィルターやカードリッジなどの汚れです。

事例1でご紹介したハンドルやレバーからの水漏れと同様に、ナットなどのゆるみや内部パーツの劣化であれば、自分ですぐに直すことも可能でしょう。

フィルターやカードリッジの汚れは、蛇口の種類によってパイプの付け根部分についていることもあります。蛇口の分解をすることになりますので、モンキーレンチなどの工具が必要になります。

業者に修理を依頼するということであれば、修理代金3,000〜5,000円に(プラス部品代金)が相場です。

事例4:蛇口の壁面設置部分からの水漏れ

蛇口が壁面に設置されている場合に、その設置部分から水漏れすることがあります。この部分の水漏れは、蛇口接合部のパッキンや、ネジに巻いたシールテープが劣化している、もしくは配管内部のつまりが原因として考えられます。

パッキンやシールテープの劣化が原因として考えられるなら、工具とパッキン、シールテープさえあれば修理することができます。

配管内部のつまりに関しては、少し注意が必要です。素人がつまりを解消しようとして、水道管の奥に汚れを追いやってしまったり、汚れがうまく取りきれない恐れがあります。専門業者に依頼してつまりを解消してもらった方が無難と言えます。

2、トイレのつまり

トイレのつまりで1番多い原因が、トイレットペーパーです。トイレットペーパーは水に溶ける性質のため、適量を使用していればつまることはそうそうありません。

ただし、一度に大量に使用してしまうとつまりの原因となります。また、トイレットペーパーの代用として、ティッシュペーパーなどの紙の使用も、トイレのつまりを引き起こしてしまいます。

その他には、異物を誤って流してしまうとトイレがつまる要因となります。お子さまのイタズラでよくあることですが、本来トイレに流す物ではないインテリア小物や、おもちゃを流してしまうと高い確率でトイレがつまり、水があふれます。

トイレがつまってしまった時に水を何回も流そうとするのは、水があふれる可能性が高くなるので控えましょう。ゴム製のポンプでつまりを解消できるかどうか、まずは試してみてください。

次に、パイプのつまりを溶かす薬剤を使用してみて、それでもつまりが直らないということであれば、専門業者に修理を依頼しましょう。

3、排水のつまり

水回りの排水のつまりは、排水に混じった汚れが排水管や排水口に蓄積してしまうことが原因です。キッチンであれば、油汚れや食材のかす、洗面所であれば髪の毛や湯垢などが付着して、つまりを引き起こします。水が流れないだけでなく、悪臭の原因にもなりますので、早急な対処が必要です。

排水のつまりは、つまりを解消させるための専用の薬剤を使用する他、つまっている部分に重曹とお酢をかけてしばらく置いてみることも効果的です。いずれかを定期的に行うことで、つまりの予防にもつながります。

それでも状況が改善しないということであれば、専門業者を呼んでつまりを取り除いてもらいましょう。高圧洗浄機や専用の器具でつまりをキレイにしてくれます。併せて配管の劣化や不具合も確認してくれます。築年数の経った家でしたら点検も含めて業者にお願いすることをおすすめします。

4、排水・給水の水漏れ

水回りの排水の水漏れは、先ほどご紹介した排水のつまりが原因となって起こる他、老朽化による配水管の腐食が原因としてあげられます。

キッチンの排水管や排水ホースは、食用油が固まってつまりやすく、そこから水漏れが起こりやすくなります。また、配水管の劣化は、気温の急激な変化や、地震などの揺れによって起こります。

いずれも、目に見える箇所であれば素人でも修繕は可能なケースが多く、ナットをしめたり、パッキンを交換したりする程度で解決することもあります。

ですが、目に見えない箇所の場合には、家の一部を壊して配水管が見える状態にしなければならない可能性もでてきます。

排水や給水の際に「流れにくい」「水圧が弱い」など、いつもと違う変化があるときには、排水・給水の水漏れを疑ってみてください。水道を使用していなくても水道メーターがまわり続けているようでしたら、給水管が水漏れしている可能性が高くなりますので、早急に専門業者に連絡しましょう。

5、まとめ

水回りの不具合や故障を放っておくと、生活に支障をきたすほか、家そのものを傷めてしまう可能性もあります。そうなれば、予想外の修理費用がかかってしまうことにもなりかねません。

ですので、水のトラブルを発見した際には、今回ご紹介した原因と対処法を参考にしながら、素早く対処することをおすすめします。

水栓・蛇口のパッキン・コマ交換及びシールテープ蒔き直しならイエコマ

家の専門家による水栓・蛇口のパッキン・コマ交換及びシールテープ蒔き直しが…

2,000円/ヵ所(税別) 水栓・蛇口の修理及びパッキン交換

温度の調節がしにくい、水の出が悪い、水漏れしている…

専門知識を持ったスタッフが、水漏れの原因を突き止めます!

24時間365日受付

排水管クリーニングはイエコマへ

家のプロによる排水管高圧洗浄が…

詰まり清掃:5,200円/ヵ所

外配管のみ:5,000円/一式

外・内配管:9,800円/一式
排水管清掃 何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

ページトップへ戻る