問合件数5000件突破!!

排水設備に欠かせない「排水枡(マス)」とは?

普段の生活ではあまり聞くことのない「排水枡(マス)」。
排水枡は、住宅内の水回りから出る排水や汚水を敷地外の排水本管へ流す際に、ごみ溜(た)めの役割を果たす重要な設備です。

排水枡は、定期的に掃除をしておかないと排水管の詰まりの原因になってしまいます。
このことを知らずに何年もメンテナンスせずにいると、突然排水管が詰まって大規模修繕が必要になることもあるのです。

この記事では、排水枡のしくみや必要なメンテナンスについて解説していきますので、排水設備の知識に少しでも不安がある場合は必見です。

目次

1、排水枡とは?
2、排水枡のしくみ
3、排水マスの天敵?
4、排水枡は定期的にメンテナンスを!

1、排水枡とは?

住宅内の水回りから出る排水や汚水は、排水管を通して公道の下にある排水本管へ流れていくように設計されています。
しかし、全ての管を密閉状態にしてつないでしまうと、管にゴミや汚泥が詰まった際にいちいち地面を掘り返さないと点検や清掃ができません。この不具合解消に役立っているのが排水枡です。

排水枡は、排水管の合流部や湾曲部などのゴミが溜まりやすいところに設けられ、簡単に点検をしたり、中に溜まったゴミを清掃したりできる設備です。「排水枡」の他に「排水会所」と呼ばれたりもします。
排水枡には文字通りの「枡」のような四角いものや、丸い「鉢」のような形状のものがあり、材質はコンクリート製や塩ビ製のものが普及しています。
上部には蓋がついているので、蓋を開ければゴミなどが溜まっているかどうか確認できます。

排水枡は、基本的にお風呂、洗面、トイレなど、水まわりの数と同じ数だけ設置されていますが、近年は水まわりの排水を一箇所に集めて流す「排水ヘッダー方式」が取り入れられ、排水枡が一つだけという住宅も増えています。「排水ヘッダー方式」であれば、排水マスは一つだけで済むため、メンテナンスも楽になり、コストも下げられるでしょう。

2、排水枡のしくみ

排水枡の内部は、下の図のようになっています。

図は、台所の排水枡を表しています。
台所の排水枡には、食べ物のカスや油などが混ざった排水が流れ込みます。そして、軽い油成分は上部に、重い食べ物のカスやゴミは下部に蓄積し、水だけがもう一方の排水管へと流れていくしくみです。
排水枡があることによって、排水に混ざるゴミを取り除くことができ、配管が詰まることを防いでいることがよくわかります。

3、排水マスの天敵?

以前住んでいた戸建住宅で、トイレが流れなくなったことがありました。
当然固形物がつまったものと思い、つまりを取る道具で便器の中から届く範囲で管の清掃を試み、つまりがなくなったようだったので再度水を流してみましたがやはり流れません。
その後何度トライしても同じだったので外の排水マスを見てみることにしました。
マスの蓋を開けると、驚いたことに近くに植わっていた植木の根がマスの中で伸び放題になっているではありませんか。それに固形物や紙の残骸などが絡み付いて管のほとんどを覆ってしまっていました。これでは排水が流れるわけがありません。

古い住宅で老朽化したコンクリート製の排水マスの隙間から地中に汚水が染み出し、まわりの土壌を肥沃にしていたのですね。まさに「肥やし」をやっている状態です。それで植木の根が伸びたというわけです。
マスの中で伸びた根っこをすべて取り除き、もう一度トイレを流してみると今度は気持ち良く流れました。また同じことが起きないように、排水マスの近くの植木も別の場所に移動しました。

戸建住宅ではこんなことも起こるので、トイレからの排水が合流する排水マスとその周囲は特にチェックを厳しくしたほうがいいかもしれませんよ。

4、排水枡は定期的にメンテナンスを!

排水枡は、定期的なメンテナンスが欠かせません。
できれば1年に1回程度、排水枡に蓄積した油やゴミをすくい取り、高圧洗浄機などで排水管の中まできれいにすることが理想です。

排水枡と排水管の清掃は、自分で行う方法もありますが、配管を傷つけてしまったり掃除が不十分になったりすることもあるので、専門の業者に依頼することをおすすめします。

住宅の外部にあり、普段はなかなか気にかけることが少ない排水枡ですが、メンテナンスを怠らず清潔に使い続けましょう!

ページトップへ戻る