取手市

取手市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■取手市の屋根の葺き替え(重ね葺き・カバー工法)スレート屋根からガルバリウム鋼板へ

Before
Before
After
After

スレート屋根のメンテナンスのご依頼がありました。この屋根はあまり傷んでいないように感じられるかもしれません。
しかし、家を建ててから20年近くが経過しており、その間メンテナンスを行っていないとのことです。
スレート屋根は10年おきに定期的に塗装を行うと、強度を長く保つことができます。
しかし20年程度メンテナンスをせずに使用すると、膨れたり水が浸透して強度が落ちてしまいます。カビやコケが生えたスレート材は水分を含んでいるため、塗り替えを行っても屋根の保護性能を完全に取り戻すことはできません。塗り替えてもあまり意味がありませんので、屋根の張り替えを行うのが最善の選択肢と言えます。

■ 施工内容

地域:茨城県取手市
施工名:屋根の葺き替え(重ね葺き・カバー工法)スレート屋根からガルバリウム鋼板へ
工期:6日

■ 施工の流れ1 足場をかける

足場をかける
足場をかける

まずは足場をかけます。この作業がおおよそ1日程度かかります。

■ 施工の流れ2 棟の撤去

棟の板金
棟の板金が外された様子

棟の板金を取り外します。棟とは違う向きの屋根が合わさった高くなっている部分です。スレート屋根の棟部分には棟板金とよばれる金物が設置されており、雨水の侵入を防ぐものです。棟板金を外して、棟を露出させます。

■ 施工の流れ3 ルーフィングをスレート屋根の上に貼る

ルーフィングを貼る
ルーフィングを貼る

既存のスレート屋根の上にルーフィング(防水シート)を貼っていきます。
現在スレート屋根の葺き替え工事は、既存のスレート屋根を撤去せず、既存のスレート屋根の上に再度貼る重ね葺き(カバー工法)が主流です。その理由は2つあります。
1.工期が短縮できるために工事費の削減になること
2.2004年以前のスレート材には石綿(アスベスト)が使用されていることが多く、適切な飛散防止処理、および廃棄処理が必要なこと
この理由によってスレート屋根の葺き替えは、重ね葺き工法が主流になっているわけです。大手ハウスメーカーも重ね葺きを推奨しており、強度や信頼性において問題のない方法であるといえます。
この工法で問題になるのが、下地になるルーフィングや目地板といった部分が劣化しているケースが一つ。もう一つは、躯体自体が弱く、屋根の上に屋根を重ねると重量が問題になるケースです。この家では問題はありません。

ルーフィングはとても重要な部材で、雨を完全にシャットアウトする働きを持ちます。極論すると、屋根瓦といった屋根材が完全になくなっても、ルーフィングさえしっかりしていれば雨漏りは起こりません。ある程度瓦などの屋根材は雨が浸透することをことを前提としており、雨をシャットアウトするのはルーフィングの働きなのです。
ルーフィングは下から上へと貼っていきます。ルーフィングは端が重なり合うように貼ります。こうすることで、ルーフィングの上に落ちた雨水が自然に下に流れて侵入を防ぐのです。

■ 施工の流れ4 ルーフィングをスレート屋根の上に貼る

棟の部分に角材を打ちます。この上に新しい棟板金を釘で固定するのです。

■ 施工の流れ4 ガルバリウム鋼板を貼って完成

完成
完成

ガルバリウム鋼板を貼ります。ガルバリウム鋼板の上に雨どいのねじ止めを行います。穴をあけるので、雨漏りが心配になるかもしれませんが、まったくその心配はありません。
施工中についた汚れを洗い流せば施工は終了です。

■ 職人さんからひと言

天気が悪く雨の日が多くて大変でした。屋根の工事の場合は、危険が伴うので一滴でも雨が降ったら、その時点で工事を中断する必要があります。降られた場合は途中でシートをかけて撤収することになります。
雨にたたられることはよくあることですが、今回は途中で降られるという日が多々あり大変でした。
とはいえ無事に作業が終わり、施主様に「きれいになってうれしい」とおっしゃっていただけたのはとても励みになりました。喜んでいただけると、この仕事をしていて本当に良かったと思いますね。

■ まとめ

今回はスレート瓦の上にガルバリウム鋼板を貼る作業でした。
スレート瓦を撤去せずに行う葺き替えの工法としては、ガルバリウム鋼板はうってつけです。軽いため、屋根の上に更に屋根を乗せても重量による負荷が通常は問題にならないためです。
ガルバリウム鋼板は美観と耐久性に優れ、軽く、保温性能に優れた素晴らしい素材です。これから大きく普及していくものと思われます。
屋根のメンテナンスを10年以上されていないという方はイエコマにご相談ください。塗り替え、重ね葺き、葺き替えなど最適なご提案をさせていただきます。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:ガルバリウム鋼板ってなんですか?トタン屋根とは違うんですか?
A:金属であり軽いことはトタンと一緒です。しかし、トタンとは全く違う優れた特性あるため、イエコマではガルバリウム鋼板をお勧めすることが多いです。
デザインの多様性、メンテナンスフリーともいえるほどの耐久性、防音・保温性能に優れていることです。若干トタンよりは高くなりますが、トタンは10年未満で塗り替えが必要になりますので、トータルコストでははるかにお得になります。また、トタンは雨音が気になったり、保温性能が全くないといったように金属であっても全く違う素材であるといえます。

Q:イエコマの雨どい清掃がすごく安いのですが、なんでそんなに安いのか逆に心配です
A:イエコマの安い理由は、2つあります。一つは作業スケジュールの効率化です。移動時間を最小化することによって人件費を抑えるのです。作業時間だけではなくて、移動時間も職人の人件費です。作業の日程組み込みを最適化して移動時間を最小にしています。また、特定の作業に慣れている職人を手配することもポイントです。手慣れている職人であれば、段取りがよくわかっているため作業時間が半分で済むこともよくあります。そのほかにもコスト削減のために行っていることはありますが、大きくはこの2つの理由です。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

取手市の居住情報

取手市は利根川と小貝川の河川に挟まれ、緑に恵まれた田園都市です。
JR常磐線の始発駅ということもあり、上野まで45分と比較的近いにもかかわらず通勤が座って可能であるということからベッドタウンとして人気があります。また、上野東京ラインの開通によって更に通勤の利便性が高まっていることから脚光を浴びつつあります。
常磐線以外の交通の利便性も良く、取手市の南北に国道6号、東西に国道294号、関東鉄道常総線も利用が可能です。

古くから宿場として栄え、伝統的な特産物も数多くあります。奈良漬や西洋ネギ(リーキ)、日本酒(君萬代・金門・賜杯桜)などが代表的です。
取手市は地域文化の関心を高まりから、東京藝術大学との連携により芸術文化の発展も期待されています。

ページトップへ戻る