結城市

結城市で屋根のお困りごと「雨漏り」「瓦のズレ」「雨どいの掃除・修理」「太陽熱温水器の点検・撤去」など、なんでもどんな小さなお困りごとでも屋根のプロフェッショナル「イエコマ」へご相談ください。

見積無料!お気軽にお問合せください

その他、屋根のお困りごとは
何でもご相談ください!

■ 結城市の「雨樋修理」施工事例

Before
After

茨城県結城市在住のK様から雨樋の修理のご依頼がありました。
縦樋(縦向きの樋)についていたパテが劣化して取れてしまったので、修理してほしいという依頼でした。
樋は地味ではあるのですが非常に重要なパーツです。特に縦樋が正常に機能するか否かはとても重要です。この事例のように外壁に沿って設置されている縦樋に損傷があると、そこから大量の雨水が漏れ出し、外壁を直接伝わって流れるようになります。
外壁は雨が打ち付ける程度を想定した防水の性能があります。しかし、雨どいが壊れた場合の水の流れる量は外壁を想定をはるかに上回ります。そうなると、外壁から水が浸透して内部を腐食させたりといった原因になりうるのです。

■ 施工内容

地域:茨城県結城市
施工内容:縦樋修理
工期:1時間

■ 施工の流れ

1
2

まず接着部分の汚れを取り除き、マスキングします。マスキングとは余計な部分に塗料や接着剤がかからないように、テープなどで覆うことです。

3
4

コーキングボンドを塗布して樋を接着します。

5
6

ヘラを使い、塗布したコーキングボンドの表面を平らになるように整えます。

7

マスキングをはがし、作業完了となります。

■ 職人さんからひと言

台風シーズン前に修理の依頼をいただきました。
ガムテープで応急処置をされていたのですが、剥がれかかっていました。
テープを使えば一時的に保護することはできますが、すぐに剥がれて根本的な解決にはなりません。このようなケースであればできるだけ早くプロにご相談されることをお勧めします。

■ まとめ

雨樋には、雨水を家の外に速やかに排出する重要な働きがあります。
そのため雨樋が正常に機能しないと、雨水が壁などから侵入をしたりして、防ぎ建物が腐食させる原因になってしまうこともあります。
破損や劣化を放置しておくと、住まいの老朽化を早めてしまうことになります。雨樋の劣化はなかなか気が付きにくいものですが、大雨の日に建物の周囲の雨樋を見て、水があふれたり、漏れ出している箇所がないかどうかを確認することをお勧めします。

お客様からのイエコマへのご質問

Q:雨樋が重要なパーツであるとのことですが、雨樋の交換って必要なのでしょうか。必要であればどれくらいの頻度で必要なのでしょうか?
A:材質によって大きく変わります。一番多く用いられている塩ビ(塩化ビニール)だと、おおよそ20年といわれています。最初はしなやかなのですが、紫外線を受けると徐々に固くなりもろくなる性質があります。固くなると、強風が吹いたり、缶などが当たったりしたときに割れてしまうことがあります。一般的な屋根であれば10年に1回程度塗り替えといったメンテナンスが必要なので、その際についでに雨樋が劣化していないか確認してもらうといいと思います。

Q:屋根の葺き替えを考えています。隣の家と非常に近いのですが葺き替えはできますか?
A:屋根の工事の場合には足場という立つための場所を金具を使って確保をします。足場がないと、立つ場所が安定しないので工事は難しくなります。原則的に足場は必要です。足場がかけられるかを調べる必要がありますので、まずは現地調査におうかがいいたします。

イエコマ屋根サービスのQ&Aまとめ

結城市の居住情報

結城市は、茨城県の西部に位置する都市です。
茨城県と栃木県の県境にあり、方言などの文化面、経済面、交通面など多くの面で栃木県と深い関わりを持っています。

古くは鎌倉時代から城下町として栄え、江戸時代末期には水運輸送ルートの拠点商業都市としても繁栄してきた地域です。
中世時代の歴代当主が仏教に深く関わっていたことから、寺院や神社が数多くみられます。また、国の重要無形文化財であり、伝統産業として全国的に知られている結城紬のふるさとでもあります。

ページトップへ戻る