排水管高圧洗浄の必要性はこんなに!放置すると害虫や汚水の逆流も!?

LINEで送る
Pocket

排水口から嫌な臭いがしたり、水の流れが悪くなったりしている場合は、排水管が汚れているかもしれません。

排水管は生活排水などを流すために使用するため、毎日少しずつ汚れが蓄積していきます。
店舗であれば、定期的に排水管の洗浄をしていますが、一般家庭では排水管を定期的に洗浄することはあまりないでしょう。

排水管の洗浄を一回もしていない家庭も多いです。排水管の掃除をしなくてもとくに問題が生じていなければ、排水管洗浄の必要性を感じないかもしれません。

しかし、見えていなくても、掃除をしなければ排水管の中では汚れが蓄積していきます。蓄積した汚れは、逆流や破裂の形で甚大な被害をもたらすことがあるのです。

そうならないためにも、排水管の定期的な洗浄が必要です。
では、排水管の洗浄が必要なくわしい理由や、洗浄の方法などについて解説していきます。

排水管を洗浄しないとどうなる?

排水管を洗浄しないで生活排水などを流し続けた場合にどうなっていくのか見ていきましょう。

排水管に汚れが少しずつ蓄積していく

排水管には水だけでなく、細かなゴミなども少しずつ流れ込んでいます。

  • 台所から:食材のカスや油
  • 洗面所やお風呂から:洗剤や皮脂

などが流れることがよくあるでしょう。

こうした汚れやゴミなどは、短期間で見れば大した量ではありません。
しかし、塵(ちり)も積もれば山となります。

悪臭や詰まりの原因になる

長年にわたって排水管に付着して蓄積した汚れは、腐敗や発酵して悪臭を放つことも多いです。
とくに食材のカスは、腐ることで雑菌も繁殖し、衛生上も好ましくありません。
また、固形物が排水管の中に付着していると、水の流れも悪くなります。

害虫が発生する

排水管に付着した食材のカスなどは、害虫の餌になることが多いです。外側からゴキブリやハエ、クモなどの害虫が排水管に侵入してきます。
排水管が劣化することで、小さな傷や亀裂などができると、そこが侵入口になることが多いです。

ほとんどの排水管では、封水や排水トラップがあるため、排水管の中から室内への侵入は困難です。
排水トラップとは、害虫の侵入を防止するための仕掛けを指します。
排水口に近い部分をS字など意図的に入り組んだ形状にしており、流した水の一部がそこに水が溜まる仕組みになっています。
そしてその溜まった水が“封水”です。

しかし、排水管の中に住みつく可能性は十分にあります。

排水管が劣化しやすくなる

排水管に付着した汚れは、排水管を少しずつ腐食させています。
7,8年程度掃除をしないでいると、排水管はどんどんダメージを受けていき、劣化していくのです。劣化の兆候が顕れることも多くなってきます。

【チェック】すぐに排水管の高圧洗浄を依頼すべきなのはこんなとき!

排水管の高圧洗浄をすぐに行った方がいいサインについて見ていきましょう。

お風呂の水が逆流する

お風呂場では髪の毛や皮脂、シャンプーなどが排水とともに排水管に流されます。シャンプーやボディーソープなどは排水管の中で固まることも多いのです。そこに髪の毛が引っ掛かり、さらに詰まりが大きくなります。

詰まりが大きくなっていくと、水の流れが悪くなっていき、水が逆流してくることもあるのです。

逆流しているのは、排水管の詰まりが酷くなっている証拠です。できるだけ早めに業者に排水管の高圧洗浄を依頼しましょう。

洗濯機の排水が上手くいかない

洗濯機のドアを開け悩む女性

洗濯機の排水管には、洗剤や柔軟剤などが固まったものが付着します。洗濯する際にお風呂の残り湯を洗濯機に使っていると、湯アカも付着するのです。

排水が上手くいかず、すすぎや脱水を行っているときに洗濯機がよく止まるようであれば、排水管の詰まりを疑いましょう。
自然に詰まりが解消されることはまずないため、高圧洗浄が必要です。
詰まりが酷くなると、悪臭も発生してきます。

トイレが詰まって流れない

温水洗浄便座イメージ

トイレの排水管はトイレットペーパー、便など固形物が多く流されるため、詰まりやすい環境です。
トイレでは、排水管よりも前の「排水路」で詰まるケースも多いです。

この場合は、自分で対処することもできます。
理由と方法は次の通りです。

トイレの排水路の仕組み

便器の中の水は、常に一定の水位が保たれています。これは、便器の中に貯まった水が、排水路側にあふれ出ることで、流れる仕組みになっているためです。

このときに、便やトイレットペーパーなども一緒に排水路側に流れていきます。
しかし、水が貯まる仕組みにするために、排水路は多少入り組んだ形になっており、便やトイレットペーパーが排水路内に詰まることも多いです。

トイレの詰まりの多くの場合は、便器からのぞいて見えている部分のすぐ向こう側に詰まっています。

自分でできる対処法

排水路内に便やトイレットペーパーが詰まっているのであれば、ラバーカップを使うと簡単に開通させられます。

トイレすっぽん中

ラバーカップはホームセンターなどで購入できるので、有事に備えて準備しておくといいでしょう。

思いっきり押すと詰まっている箇所に強い水圧がかかって押し出されます。

なかなか詰まりが解消されない場合には、重曹なども併用してみてください。
それでも詰まりが解消されなければ、排水管の方に原因がある可能性が高いので、高圧洗浄を検討しましょう。

洗面所の排水管が詰まって流れない

洗面台イメージ

洗面所もお風呂場と同様に、排水管にハンドソープや歯磨き粉が固まって付着し、そこに髪の毛が絡まることによって詰まりが発生します。

洗面所の場合には、排水管より手前の排水トラップで詰まっていることも多いです。

外から見た排水トラップ

  1. まずはワイヤーブラシなどで掃除してみましょう。
  2. ワイヤーブラシの固定ネジを緩めるとワイヤーの部分が動き、締めるとグリップに固定されます。
  3. 排水口に差し込んだら、固定ネジを緩めましょう。
  4. 奥の方に入れていくと、汚れをかき出しながら進んでいきます。
  5. 何かにぶつかって、進めなくなったら固定ネジを締めて回転させましょう。
  6. 軽い詰まりならこれで解消できます。

それでも解消できなければ、高圧洗浄が必要です。

台所の排水管が詰まって流れない

キッチンシンクイメージ

台所の排水管は、油汚れが固まったものや食材のカスが詰まって、流れが悪くなることが多いです。

洗面所と同様に、排水管ではなく排水トラップの部分で詰まっていることもあるため、自分で対処できることもあります。
ホームセンターなどでパイプクリーナーを購入し、使ってみましょう。

  1. まず、排水管が見える状態になるまで、排水口に付いている部品を全部取り外します。
  2. そして、パイプクリーナーを排水管の中に注ぎ込みましょう。
  3. そのまま15分から30分程度放置します。
  4. 汚れが溶かされるので、あとは水で流すだけです。

それでもだめなときには高圧洗浄を検討することになります。

自分で行う排水管のお手入れ方法

排水管は、こまめに自分でお手入れしておくことで、詰まりをある程度防止できます。
年末年始や連休など大掃除する機会があれば、排水管もお手入れしておきましょう。

排水管のお手入れ方法に関しては、こちらにくわしく掲載しています。

こちらの記事もチェック
パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこと

パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこ…

浴槽の水を抜いたら洗い場に水が溢れてきた、洗濯をしていたら水…

2018.9.28
イエコマ編集部

自分で排水管を洗浄することはできる?

浴室排水口黄色スポンジで洗浄中

排水管の洗浄は自分で行うことも可能です。
ただし、自分で洗浄しただけでは、排水管の詰まりを解消できない場合があります。

軽い詰まりなら自分で洗浄できる

排水管の洗浄は、自分でも行えます。
専門業者が行った場合のような効果は期待できませんが、ある程度までなら素人でも洗浄できます。

もっとも簡単な方法は、お湯を大量に流し込む方法です。
排水溝の取り外せる部分を全部取り外してから、40~50℃程度のお湯を一気に大量に流し込みましょう。
軽い汚れはこれだけでも落ちるので、流れがよくなったと実感できることも多いです。

普段からこまめに自分で洗浄しよう

軽い汚れなら自分でも落とせるので、汚れが酷くなる前に洗浄しておくのが望ましいです。
排水管の詰まりは大部分が防止できます。

自分で洗浄しても解決できない場合もある

数年程度排水管を掃除したことがなければ、排水管内部にしつこい汚れがこびりついている可能性が高いです。自分で掃除して少し流れがよくなったのを実感できても、しつこい汚れは完全に取り除けていないでしょう。

お湯だけでなく重曹や、酢、パイプクリーナーなども併用すると汚れを落としやすくなりますが、それでも十分ではありません。排水管が汚れだけではなく、すでに詰まっている場合は、自分で詰まりを解消するのは困難です。

市販の高圧洗浄機で掃除する方法もあります。しかし、慣れていない人が高圧洗浄機を使うと、排水管に穴があいたり壊れたりする可能性があるのです。

自分で掃除して解決できない場合には、無理をせず専門業者に排水管高圧洗浄を依頼しましょう。

専門業者による排水管の洗浄はどんなもの?

温水洗浄便座をチェックする業者

専門業者による洗浄がどんなものなのか見ていきましょう。

水圧で汚れを落とす

専門業者の多くは、高圧洗浄機を使用して排水管を洗浄してくれます。排水管内部にノズルを挿入して直接水を噴射し、その水圧で汚れを削ぎ取るやり方です。

長年にわたってこびりついた汚れや、排水管内部に詰まった固形物などもきれいに落とせます。

戸内からの洗浄

キッチンや浴室、洗濯機、トイレ、洗面所など水が流れる場所には排水口と排水トラップがあります。
それら1つ1つの箇所にノズルを挿入して高圧洗浄を行います。

排水管は内部の方で曲がっている箇所が多いですが、長いノズルを使用するため、曲がっている先の部分まで洗浄可能です。
この作業の場合、業者が自宅内に入って作業を行うため、作業中の立ち会いを求められます。

排水マスを開けて戸外からの洗浄

自宅の敷地内に排水マスが設置されており、それを開けると排水管内部とつながっているのが確認できます。普段は開け閉めすることがないため、あまり気にして見たことがない人が多いかもしれません。

排水管高圧洗浄の専門業者は、この排水マスを開けて戸外からの洗浄を行います。
自分でこまめに洗浄していても、油の塊などがこびりついているのが確認できるでしょう。
専門業者は、この中に高圧洗浄機のノズルを中に通して、強い水圧で内部を洗浄します。

排水管の中に何か落としてしまったことがある場合は、この洗浄作業で出てくる可能性が高いです。油や洗剤などが固まったものに混じって、歯ブラシやアクセサリーなどが出てくることがよくあります。

排水管高圧洗浄の相場

排水管高圧洗浄の相場は、戸内からの洗浄と戸外からの洗浄の両方で、1万~2万円くらいです。
戸内戸外どちらか片方だけ依頼できる業者もありますが、その場合にはやや割高になります。

業者によっては出張費として3,000~5,000円程度かかるところもあります。

排水管高圧洗浄の悪徳業者に注意

チェック中業者にダメ出し女性

排水管高圧洗浄を行う業者の中には、悪徳業者も存在します。悪徳業者に引っかからないように注意しなければなりません。

悪徳業者には共通した特徴があります。
次に挙げる特徴に該当しないかどうかチェックしてみましょう。

ポスティングチラシで業者を知った

自宅の郵便受けなどに、排水管高圧洗浄を行っている業者のチラシが入ってきたことはないでしょうか。
チラシをポスティングしてきた業者がすべて悪徳業者ではありません。しかし、下記のようなチラシを入れていく業者は安易に信用しない方がよいでしょう。

排水管以外の掃除なども勧める内容のチラシ

悪徳業者の多くは格安の料金が謳い文句のチラシで勧誘してきます。

しかし、チラシ記載の排水管高圧洗浄だけでなく、他の箇所の掃除なども勧められることが多いです。各費用は高くなくても、複数個所の洗浄やリフォームになったために、高額になるのです。

悪徳業者に引っかかった人は、最初に提示された料金よりも多くお金を支払うことになるケースがほとんどです。

料金体系を分かりづらく表記させたチラシ

意図的に複雑で分かりにくい料金体系を採っている悪徳業者もいます。

悪徳業者は最安の料金を大きく表示したチラシを配ります。
しかし、その料金だけで済むことはほとんどありません。追加でかかる料金が多く、最終的には一般的な相場よりも高い金額になってしまいます。
今だけこの料金のように表示して急かすような悪徳業者もあります。

公的機関が行っている工事のように錯覚させるチラシ

「〇〇市●●地区の皆様へ」のような文言を用いたチラシを使用している悪徳業者もよく見られます。
これは公的機関が行っているものだと錯覚させるのが目的です。

なかには、公的機関のように見せかけて、無料点検を行った後に洗浄が必要だと伝えて契約させるケースもあります。
本当は高圧洗浄が特に必要でない状態でも、不安を煽るようにして契約を迫るケースも多いです。
十分な洗浄技術を持ち合わせておらず、素人がやったのと変わらないくらいの洗浄しか行わない業者もあります。
排水管を破損させてしまうケースも見られます。

悪徳業者に引っかからないために

悪徳業者に引っかからないために一番有効な方法は、チラシを見てすぐ依頼しないことです。

相場を知っておこう

格安など料金に関するメリットを売りにしているケースが多いことから、相場を把握することが大切です。相場と比べて安すぎる場合は危険です。

また、トータルでかかる料金や、追加で料金がかかる可能性も、契約前に確認しておきましょう。
悪徳業者は、料金についてくわしく聞かれると明確に答えられないことも多いです。

業者についてよく調べてみる

チラシの業者に依頼する前に、会社名や所在地などが記載されているかどうかチェックしておきましょう。
悪徳業者の多くは、会社名や所在地をはっきりとは記載していないため、悪徳業者を見分ける際の基準になります。

ネット検索などでどんな会社なのか調べてみることも重要です。
よく分からない業者や、実在するかどうか分からない業者には依頼しないようにしましょう。
高額請求をする業者だけでなく、十分な洗浄技術を持ち合わせていない業者もこれで大部分見抜けます。

まとめ

排水管は長年にわたって生活排水などを流していると、確実に汚れが蓄積していきます。普段から排水管のお手入れをこまめに行っておきましょう。

しかし、自分でお手入れできる範囲は限られています。洗浄できない箇所もあるため、長年経つと詰まりをおこすケースもあるでしょう。
そのため、数年おきに排水管高圧洗浄を行う必要があります。

その際にはイエコマのサービス「排水管保守クリーニング」がおすすめです。
お見積もりは無料で、24時間365日いつでも受け付けておりますので、ぜひご相談ください。

排水管保守クリーニングならイエコマ

家のプロによる排水管保守クリーニングが…
詰まり解消:5,200円~/ヵ所90分 60分追加+3,000円/ヵ所
外配管のみ:5,000円/一式
外・内配管:9,800円/一式
※トイレ不可
排水管清掃
何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

イエコマの排水管クリーニングの詳しい説明

ページトップへ戻る