排水管高圧洗浄の適切な頻度は約〇年に1回|戸建てと集合住宅では異なる!?

LINEで送る
Pocket

自宅の排水管のことを普段から気にすることはあまりないでしょう。
しかし、生活のなかでさまざまな汚水を台所や浴室の排水口に流します。

髪の毛や油などの混じった汚水は、排水管を流れるときに汚れを蓄積していきます。そのため、定期的に排水管の洗浄を行わなければなりません。

排水管は手の届かない箇所なので、洗浄するためには専用の機械を使用して高圧洗浄をする必要があります。

定期的に高圧洗浄を行えば、詰まりが発生することもなく、快適に排水管を使用できます。
そこで気になるのが、「どれくらいの期間おきに排水管高圧洗浄を行えばいいか」です。
ここでは、排水管高圧洗浄を行う適切な頻度に関して解説していきます。

新築後何年経過したら排水管高圧洗浄が必要?

新築後7~8年程度を目安にして行うべきです。
トラブル発生前に排水管高圧洗浄を行うには、新築から経過した年数で行う時期をあらかじめ決めておくのがいいでしょう。
そうすれば、複数の業者をじっくりと比較しながら決められます。

慌てて決めることがないため、悪徳業者に引っかかるリスクも格段に下がるでしょう。訪問してきた業者とそのまま契約するようなことも避けられます。

2回目以降はどのくらいの頻度で排水管高圧洗浄を行うべきか

スマホを手にする女性

新築後7~8年経過時点で、1回目の排水管高圧洗浄を行ったら、次は2回目に行う時期も決めておきましょう。

3~5年ごとに定期的な高圧洗浄が必要

築年数が7~8年ほど経過した時点で、1回目の排水管高圧洗浄を終えたのであれば、次に実施するときには10年を超えているでしょう。
築年数が10年以上になると、建物全体がだいぶ古くなっています。

排水管に関しても同様です。そのため、また7~8年後に排水管高圧洗浄を行うのでは、間が空きすぎるでしょう。

築年数が10年を超えたら、前回の高圧洗浄から3~5年経過した時点で2回目の高圧洗浄を行うのが望ましいです。
3回目以降も3~5年に1回の頻度で実施しましょう。

排水管高圧洗浄は1回行えば安心ではない

排水管高圧洗浄を行った直後は、排水管の中が非常にきれいな状態になっています。これでしばらくは、排水管が詰まるなどのトラブルに見舞われる心配はありません。

しかし、毎日汚れた水が流れ込むことに変わりはないため、また少しずつ排水管が汚れていくことになるでしょう。そのため、排水管高圧洗浄は1回行えば安心というわけではなく、2回目以降も定期的に行う必要があります。

2回目以降の排水管高圧洗浄も、前もって実施時期を決めておけば安心です。

マンションでは毎年行っているところも

マンションなどの集合住宅でも、一戸建て住宅と同じように排水管が汚れるため、高圧洗浄を行う必要があります。
ただ、マンションなどの場合には各世帯で別々に業者を依頼して行うのではなく、管理組合が実施しているところが多いです。実施時期や業者の選定なども、管理組合で決めてくれます。

排水管のトラブルが起きてから洗浄するのは遅い

排水管トラブルは起こってから対処するのでは遅すぎます。7,8年間住んでいれば、トラブルが起こっていなくても、排水管内部にはすでに汚れが蓄積している可能性が高いです。
トラブルが起きてから行うのではなく、トラブルの未然防止のために高圧洗浄しておくのが望ましいでしょう。

悪徳業者に促されて洗浄をするのは避けよう

排水管が詰まるなどのトラブルが発生すると、慌てて業者を探すことになります。慌てていると、優良な業者を探し当てるのは難しいです。

良い業者とそうでない業者を見極められず、悪徳業者に引っかかる可能性もあります。悪徳業者はチラシを郵便受けにポスティングしていくことが多いです。

悪徳業者は訪問して不安をあおるようなことを言い、その場で契約を促すこともあります。そのような悪徳業者に引っかからないためにも、トラブル発生前に排水管高圧洗浄を行っておくのがおすすめです。

排水管が詰まる原因

そもそもなぜ排水管が詰まるのか。
排水管が詰まる原因はさまざまあり、1つだけの原因で詰まるわけではありません。
とくに大きな原因は、髪の毛などの固形物、石けんカスなどのヌルヌルしたものが挙げられます。

「排水トラップ」と呼ばれる、排水管の途中にある排水設備は、詰まりを起こしやすい箇所です。排水トラップは、悪臭や害虫が入ってこないように、意図的にS字やP字などの入り組んだ形をしています。
ここに髪の毛や石けんカスなどが付着して詰まりを起こすのです。

【排水エルボ】
排水トラップの設置

排水管が詰まる原因について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこと

パイプの詰まりにはこんなに原因が!対処法とやってはいけないこ…

浴槽の水を抜いたら洗い場に水が溢れてきた、洗濯をしていたら水…

2018.9.28
イエコマ編集部

排水口から悪臭がする原因

排水トラップの部分には常に水が溜まっており、その水を「封水」といいます。封水があることで、通常なら悪臭は室内に入ってきません。

しかし、封水がなくなると排水口から室内に悪臭が入ってきてしまいます。
封水がなくなる原因は、排水口の部分に髪の毛などのゴミが溜まることが多いです。

また、排水トラップに汚れた水が溜まることで、そこから直接悪臭が放たれている場合もあります。
排水口から悪臭がする場合の原因と対処法について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
浴室やお風呂場の排水口から臭いがする際の対処方法

浴室やお風呂場の排水口から臭いがする際の対処方法

外出から帰ってドアを開けると、何だかドブみたいな臭いがする・…

2016.3.29
イエコマ編集部

排水管高圧洗浄を行わないとどうなる?

高圧洗浄を行わずに、排水管に汚水を流し続けた場合に、どんなリスクが生じるのか見ていきましょう。

現在異常がなくても安心できない

排水管高圧洗浄を適切な頻度で行わなくても、すぐに何か困ったことが起こる訳ではありません。
現在異常がなければ、とくに行わなくてもいいのではないかと思っている人も多いです。

しかし、現在異常がないからといって安心していると、突然トラブルに見舞われるかもしれません。

汚れはどんどん蓄積している

シンクの排水口の汚れ

とくに排水管に異常の兆候がなく、排水口に流した水がスムーズに流れていても汚れは日に日に蓄積していきます。
ただし、かなり酷い状態になるまで、排水管の異常を体感できる兆候は表れません。そのため、排水管が汚れていることになかなか気づきにくいのが実情です。

少し流れが悪いと感じた頃には、汚れが蓄積しているかもしれません。実際に排水管高圧洗浄を行い、出てきた汚れを見て驚く人も多いものです。

ある日突然詰まりを起こすかも

逆流に驚く男性イラスト

少し排水の流れが悪いくらいであれば、そのまま使い続ける人もいるでしょう。
しかし、流れが悪くなっている状態は、実はいつ排水管が詰まってもおかしくないのです。

「そろそろ排水管の高圧洗浄が必要かな」と思い始める頃に、突然詰まりを起こすこともあります。

悪臭がする

浴室の排水口に驚く女性

排水管が詰まる予兆として現れる現象は、排水の流れが悪くなることだけではありません。
排水口から悪臭が発生することもあります。

室内をきれいに掃除していても、排水口から悪臭が発生していたのでは、住み心地も悪くなるでしょう。

ハエやゴキブリなどが発生する

ハエイラスト

排水管が汚れていると、ハエやゴキブリなどの害虫が発生する原因にもなってしまいます。
とくに台所の流し台からは、料理をしたときに出た食材カスや油などが排出されます。そのような類のゴミは、害虫の餌になりやすいです。
つまり、排水管を掃除をしていないと、自身で害虫を育てているのと同じ状況になっているかもしれません。また、排水管内にすんでいた害虫が室内に入ってくることもあります。

普段は封水があるので室内に侵入困難ですが、何かの原因で一時的に封水がなくなることもあるでしょう。排水管内で育ったハエやゴキブリが、封水がなくなった排水口から侵入してくることも起こりえます。

最悪の場合、排水管の交換作業が必要

排水管ですでにトラブルが発生してからでも、高圧洗浄を行ってきれいに掃除できるケースもあります。
しかし、汚れの度合いによっては、排水管高圧洗浄でもきれいにできないこともあるのです。

20年以上も高圧洗浄をしていないと、油汚れなどが固まってしまい、高圧洗浄でも取り除くのは困難です。
その場合には、排水管そのものを交換することになります。

排水管そのものを交換するのにかかる費用は、1メートル以内なら2万円、それを超えると1メートルにつき5,000円程度加算されるのが相場です。
トータルが6メートルなら、5万円程度かかるでしょう。

さらに排水管の交換工事に伴って、掘削作業やコンクリートのはつり作業なども必要になることがあります。場合によっては給水管もいったん取り外さなければなりません。
工事期間中は水道が使えず不便を強いられるでしょう。

そのため、トラブルが発生してから高圧洗浄を行うのではなく、適切な頻度で定期的に実施するのが望ましいです。

20年以上排水管高圧洗浄を行っていない家もある

これまで排水管高圧洗浄を行ったことがない人もいるでしょう。排水管高圧洗浄を行う理由がよく分からず、行っていない家はめずらしくありません。詰まりなどのトラブルが発生して初めて、業者に見てもらう家が多いです。
詰まりなどのトラブルが起きなかったために、20年以上ずっと排水管高圧洗浄を行っていなかった家もあります。

排水管高圧洗浄とは?

排水管高圧洗浄を行ったことがない場合には、そもそもどんな洗浄方法なのかイメージが湧かない人もいるかもしれません。

排水管高圧洗浄は、高圧洗浄機を使用して屋外の排水桝(はいすいます)と屋内の排水口の両方から洗浄を行います。
高圧洗浄機とは水を高圧で噴射する機械です。その水圧で排水管内にこびりついた汚れを取り除きます。

排水管の高圧洗浄の効果について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
効果はどれくらい?排水管をきれいにする高圧洗浄の基本知識

効果はどれくらい?排水管をきれいにする高圧洗浄の基本知識

排水管のクリーニングに有効なのが高圧洗浄です。強力な汚れや臭…

2017.2.9
イエコマ編集部

普段から自分で定期的に排水管を掃除しておこう

勢いよく流れるシンク

業者に依頼して行う高圧洗浄の他に、定期的に自分でも普段から掃除をしておくと、排水管をきれいに保てます。

自分で掃除する場合の頻度(目安)

おおむね3ヶ月から6ヶ月に1回くらいの頻度で行うのがいいでしょう。

排水管高圧洗浄は、立ち会いが必要でお金もかかるため、そう頻繁にはできません。
排水口付近の部分は、自分で掃除するのが望ましいです。1箇所につき30分程度で済むので、少し時間があるときに手軽にできます。

自分で掃除をする方法

自分で掃除する際の具体的な方法について場所別に見ていきましょう。

台所と洗面所

台所の排水口には、水アカやカビ、石けんカスなどが付着しやすいです。

  • 水アカによる汚れ:クエン酸を使用
  • カビ:重曹を使用

石けんカスはクエン酸と重曹の両方を使って掃除するといいでしょう。また、排水口に使用されているストレーナーやワントラップなどの部品を、取り外せるものは取り外して洗浄しましょう。

ワントラップ

※引用:SANEI

パイプクリーナーを使用すれば、排水管内部もある程度は掃除できます。
キッチンの排水口の洗浄方法について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
キッチンシンクの排水部や排水口内部の掃除を行う際の注意点

キッチンシンクの排水部や排水口内部の掃除を行う際の注意点

キッチンは毎日料理を作るとても大切な場所ですよね。だからこそ…

2016.2.16
イエコマ編集部

洗面所の洗面台は、作りが台所のシンクと似ています。しかし、髪の毛やアクセサリー、キャップなどがストレーナーやワントラップに引っかかりやすいです。
そのため、排水口に填めてある部品を外す際に、排水口に落とさないように慎重に行いましょう。

台所と同じようにクエン酸と重曹で掃除します。必要に応じてワイヤーブラシなどを使うのもいいでしょう。

洗面台の排水口の洗浄方法について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
洗面所の排水口なぜ詰まる?原因と掃除方法の丁寧解説

洗面所の排水口なぜ詰まる?原因と掃除方法の丁寧解説

洗面所で手を洗ったり、顔を洗ったりしていると、以前より水の流…

2018.11.16
イエコマ編集部

お風呂場

お風呂場は排水口に髪の毛が引っかかっていることがよくあります。石けんカスや水アカなども多く、カビが生えていることも多いです。

排水口の部品を取り外して、中にパイプクリーナーを流し込みましょう。外した部品にカビが付着しているようであれば、塩素系漂白剤などを使って洗浄します。

浴室の排水口の洗浄方法について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
臭い、つまり、ぬめりを解消!お風呂の排水口を掃除しよう

臭い、つまり、ぬめりを解消!お風呂の排水口を掃除しよう

1日の疲れを癒す場所であるお風呂場。ふと目に留まる排水口はな…

2017.5.15
イエコマ編集部

トイレ

トイレは一旦掃除をしてから、トイレの排水管専用の洗浄剤を使用して洗浄します。
洗浄剤は、ホームセンターやドラッグストアなどで購入可能です。
大掛かりな作業をするわけではないため、意外と手間はかかりません。

料金が分かりやすい排水管高圧洗浄業者が安心

業者と女性

排水管高圧洗浄を依頼する業者選びの際には、なるべく料金体系が分かりやすい業者を選びましょう。

一見安そうに見える業者が本当に安いとは限らない

排水管高圧洗浄の業者の中には、数千円程度の非常に安い料金をうたっているところもあります。
しかし、一見すると安そうに見えるだけで、実はあまり安くないケースも少なくありません。

安すぎる料金を掲げている業者は不明瞭な追加料金があるかも

数千円程度の価格で安さを強くアピールしている業者に依頼した場合に、本当に数千円程度で済むケースはまれです。
安すぎる料金を掲げている業者の多くは、追加料金の形で料金を上乗せしてきます。

チラシなどで大きく表示している料金は、もっとも安く済む場合の料金や、基本料金だけのケースが多いです。
業者によっては、追加料金の決まり方が不明瞭なところもあります。

1ヵ所のみの料金で安く錯覚

安そうに見えて実は安くない業者で多いのは、1ヵ所のみの料金を大きくアピールしているケースです。必要な箇所を全部洗浄する場合には、かえって高くつくケースがよくあります。

不明瞭な追加料金のない業者を選ぼう

業者を選ぶ際には、大きく表示されている金額だけでなく、追加料金の有無の確認が重要です。どのようなときに、いくら追加料金がかかるのか理解した上で、その業者にするかどうか決めましょう。

もし、追加料金に関して不明瞭な点があれば、他の業者にした方がいいかもしれません。

まとめ

排水管高圧洗浄は、新築から7~8年程度経過した時点を目安に、1回目を実施しましょう。
2回目以降は、3~5年に1回程度の頻度を目安にして行うのがちょうどよいです。

そのくらいの頻度で排水管高圧洗浄を行っていれば、詰まりや悪臭などに悩まされることはほとんどありません。

イエコマなら、初回限定で9,800円(税抜き)で排水管高圧洗浄を依頼できます。
もちろん出張料は無料で、追加料金などもないので安心です。
排水管をきれいな状態に保ち、快適な環境で暮らしましょう。

排水管保守クリーニングならイエコマ

家のプロによる排水管保守クリーニングが…
外配管のみ:5,000円/一式
外・内配管:9,800円/一式
※トイレ不可
排水管清掃
何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

イエコマの排水管クリーニングの詳しい説明

ページトップへ戻る