排水管高圧洗浄の手順・料金・業者の選び方

キッチン、洗面所、浴室、洗濯機などの住まいの水回りは、汚れやすく、細菌やカビも発生しやすい場所です。健康的で快適な生活を送るためには、水回りをこまめに掃除して清潔な状態を維持する必要があります。
しかし、掃除ができるのは目に見える部分や掃除用具が届く場所だけ。汚水が流れ込む排水管は、どれだけ汚れているかを確認することすらできません。

汚れの状態がわからない排水管をきれいにするには、高圧の水を噴射して汚れを落とす「高圧洗浄」がもっとも確実な方法です。とはいえ、排水管の高圧洗浄には専用の機器が必要ですし、どのように清掃を行うのかわからず不安に感じる人も多いでしょう。

この記事では、排水管高圧洗浄の方法や手順を解説します。この記事を読めば排水管高圧洗浄はどのように行うのかがわかり、自身で行う場合と専門業者に依頼する場合のメリット、デメリットや料金も知ることができます。
排水管が詰まってから慌てないよう、ぜひお読みください。

排水管高圧洗浄の方法

排水管の高圧洗浄は、車や外壁などの高圧洗浄とは使用する機器や手順が異なります。また、水回り設備それぞれの排水口から器具を入れて洗浄するわけでもありません。
高圧洗浄機を使った排水管洗浄の方法を知っておかないと、必要な機材が不足していて使用できなかったり、排水管を破損させたりするおそれがあります。
排水管高圧洗浄の専門業者が行う実際の掃除手順を見てみましょう。

排水管高圧洗浄の手順

専門業者による排水管高圧洗浄の手順を簡単に紹介します。

外配管からの清掃

排水管の汚れは、水回りの排水口周囲だけでなく、下水管までつながっている排水管全体に蓄積しています。排水管高圧洗浄のホースは、途中で何度も配管が折れ曲がると先に進めなくなります。そのため、排水管全体を清掃するためには、屋内の排水口側と屋外にある排水桝(はいすいます)の双方から清掃を行うことが重要です。

①排水桝の位置を確認する

排水桝とは、排水管を点検・清掃するために設けられた設備です。開口部があって中が確認できます。排水に含まれるゴミや油汚れを分離し排水桝に溜め、配管を詰まりにくくする役割を担っています。
外配管の清掃は排水桝から行うので、排水桝の位置が確認できないと清掃できません。また、水回り設備がどの排水桝につながっているかを確認するのも重要。たとえば、洗面所の流れが悪いなら、洗面所からの排水管がつながっている排水桝から清掃しなければ詰まりは解消しません。
排水桝は目立つように設置されているわけではないので、見落としがないように確認する必要があります。

排水管図

②排水桝のふたを開け、清掃ホースを通す準備をする

排水桝には、下水に異物やゴミが流れ込んで詰まらせないようにする「エルボ」という短い曲がった配管が取り付けられている場合が多いです。エルボがついたままでは清掃ホースを入れられないので、外してホースを通せるようにします。

before

③高圧洗浄機のホースを排水管に通し、清掃する

排水管の入り口に洗浄ホースの先端を差し入れたら、高圧洗浄機のスイッチを入れて洗浄を開始します。
洗浄ホースは進行方向とは逆に高圧の水流を噴射するので、水圧でホースは自動的に前方に進みます。しかし、排水管は家の構造に応じて折れ曲がっている場合があります。角度がついている部分はホースが引っかかりやすく、むやみに押し込むとホースが抜けなくなったり排水管を破損させたりするおそれがあります。このようにホースを進めにくい箇所もうまく洗浄できるのは、専門業者ならではです。
ヘドロ状の汚れや油の固まりなどが剥がれて流れてくる様子を見れば、排水管がいかに汚れていたかを実感できるでしょう。

高圧洗浄機を管に通し、内部を清掃
排水桝の内部を清掃

④排水桝内部やフタを清掃

排水桝の汚れも洗浄ホースできれいにします。排水桝には異物や大きなゴミなどを下水に流さず溜める機能もあるので、溜まった異物やゴミも取り除きます。
清掃完了後は、「さすがはプロ」と言いたくなるようなきれいな状態に仕上がっています。

内配管の清掃

外からの清掃の後、屋内で水回り各所の排水口から内配管を清掃します。
排水口の下には通常、「トラップ」と呼ばれる構造があります。トラップは下水からの悪臭やガス、衛生害虫などが室内に入り込むのを防ぐためのものです。
トラップの部分は洗浄ホースを入れにくいため、いったん分解してからホースを通す場合もあります。専門業者以外の人が行うと、トラップを知らずにホースを無理やり突っ込んで抜けなくなったり、トラップを分解する際に汚水で室内を汚したりすることも。再度トラップを組み立てる際に手順を間違えて水漏れするようになるおそれもあるので注意が必要です。
内配管の清掃の際には、排水口周囲やゴミ受け、フタまで清掃してくれるのでさっぱりします。

キッチンの配管清掃
 キッチンの配管清掃
排水バケット、排水口のフタ、排水トラップの清掃
排水バケット、排水口のフタ、排水トラップの清掃
洗面台配管の清掃
 洗面台配管の清掃
浴室配管の清掃(浴槽)
 浴室配管の清掃(浴槽)
浴室配管の清掃
 浴室配管の清掃

排水管清掃を自己流で行うのは要注意!

排水管の高圧洗浄は、高圧洗浄機さえあれば簡単にできそうにみえます。
しかし実際には、目に見えない排水管に清掃ホースを通して洗浄するのはコツが要ります。
清掃しきれずに汚れが残ったり、途中でホースが引っかかって抜けなくなったりなどのトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼する場合と自分で行う場合 メリット・デメリットは?

先述の通り、排水管高圧洗浄は自分で行わず専門業者に依頼するのがおすすめです。
専門業者に依頼する場合と自身で行う場合のメリットとデメリットをもう少しくわしくみてゆきましょう。

メリット① 費用が安くすむ

いったん高圧洗浄機と配管洗浄用のホースを購入してしまえば、何回排水管洗浄を行っても費用はかかりません。
ただし、機器が故障した場合は買い直しや修理の費用がかかります。

メリット② 自分の都合がいいときに清掃ができる

業者に依頼する場合は希望した日時に来てもらえなかったり、待たされたりする場合があります。自宅に高圧洗浄機があれば、自分の都合で清掃を行うことができます。

自分で排水管高圧洗浄を行うデメリット

デメリット① 汚れが落とせていない場合がある

家庭用の高圧洗浄機は業務用のものに比べてパワーが劣り、十分な清掃効果が得られていないおそれがあります。

デメリット② 排水管を破損させる可能性がある

折れ曲がった排水管内部には、洗浄ホースが引っかかりやすい箇所もあります。無理に洗浄ホースを進めようとして引っかかって抜けなくなったり、配管をつなぐ器具を破損させて汚水が漏れるようになったりした場合、高額な修理費用がかかるので要注意です。

デメリット③ 汚れた排水管を掃除するのは大変

長年掃除をしていなかった排水管は、ヘドロ状の汚れが溜まっていたり下水と同じ悪臭がしたりします。実際に自身でこすったり磨いたりする必要がないとはいえ、清掃中は流れてくる汚水や汚れ、悪臭に耐えなければなりません。

デメリット④ 時間が取られる

一般家庭では排水管清掃に不慣れなため、排水桝を見つけて掃除をしたい排水管を探し当てるだけで時間がかかる場合もあります。
家庭用高圧洗浄機は業務用に比べてパワーが劣り、扱う人も不慣れなので清掃自体も時間がかかるでしょう。また、清掃をする前の準備や清掃後の後始末、機器の掃除などにも時間がかかります。

専門業者に排水管高圧洗浄を依頼するメリット

メリット① 汚れを残さずきれいにしてもらえる

高性能な業務用高圧洗浄機を使い、経験豊富な専門家が清掃してくれるので、掃除のし残しなく徹底的にきれいにしてもらえます。業者に清掃してもらったら、3~5年程度は詰まりの心配なく水回りを利用できるのです。

メリット② 汚い排水管を自身で掃除しなくてすむ

排水管掃除につきものの悪臭や汚れに触れることなく、専門業者がきれいにしてくれるので快適です。

メリット③ 仕事が早い

排水管清掃を専門で行う業者は仕事がスピーディーです。使用する機器も高性能なので、家じゅうの水回りを半日程度で清掃してもらえます。

専門業者に排水管高圧洗浄を依頼するデメリット

デメリット① 費用がかかる

専門業者に依頼する場合の一番のデメリットは費用がかかることです。
ただし、排水管が詰まる前にリーズナブルな業者を探し、余裕をもって依頼することで割安に抑えることはできます。
排水管が詰まってから急ぎで排水管清掃を依頼すると、緊急対応の費用が上乗せされて高額になる場合があるので注意しましょう。

デメリット② 希望する日程で来てもらえない可能性がある

専門業者は多くのお客さんを相手にしているため、ベストな日程で来てもらえないこともあります。余裕を持って依頼をすることで不便を回避することは可能でしょう。

排水管高圧洗浄はどうして行う必要があるの?

悩む女性エプロン水色と黄色

排水管の詰まりを経験したことがない人には、そもそもなぜ排水管の高圧洗浄が必要なのかが実感できないのではないでしょうか。
実際に排水管に汚れが蓄積してくると以下のトラブルが発生しやすくなり、生活に悪影響を及ぼします。

  • 排水管が詰まって汚水が下水管に流れなくなる
  • 悪臭が発生する
  • 害虫が発生しやすくなる

排水管を掃除しないことからくるトラブルを避けるためには、定期的に排水管の清掃を行うことが重要です。以下のコラムで排水管高圧洗浄の必要性についてくわしく紹介しているのでご確認ください。

こちらの記事もチェック
排水管高圧洗浄の必要性と洗浄頻度

排水管高圧洗浄の必要性と洗浄頻度

台所シンクや洗面所、お風呂などの排水口は、住まいの設備の中で…

2020.3.10
イエコマ編集部

排水管の詰まりの原因

そもそもなぜ排水管が詰まるのでしょうか。
排水管が詰まる原因はさまざまあり、1つだけの原因で詰まるわけではありません。
とくに大きな原因は、髪の毛などの固形物、石けんカスなどのヌルヌルしたものが挙げられます。

「排水トラップ」と呼ばれる、排水管の途中にある排水設備は、詰まりを起こしやすい箇所です。排水トラップは、悪臭や害虫が入ってこないように、意図的にS字やP字などの入り組んだ形をしています。
ここに髪の毛や石けんカスなどが付着して詰まりを起こすのです。

【排水エルボ】
排水トラップの設置

排水管が詰まる原因について、くわしくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もチェック
排水管の詰まりにはこんな原因が!対処法とやってはいけないこと

排水管の詰まりにはこんな原因が!対処法とやってはいけないこと

浴槽の水を抜いたら洗い場に水が溢れてきた、洗濯をしていたら水…

2018.9.28
イエコマ編集部

排水管高圧洗浄の料金相場

汚れが蓄積した排水管の清掃は、自分でやるよりも専門業者に依頼すれば手間もかからず安心です。そこで気になるのは費用ですよね。

相場は一戸建てで2~3万円

業者によって異なりますが、1戸建ての排水管洗浄で2~3万円前後が相場です。ただし、業者によって料金の設定条件が異なっているので注意が必要です。
たとえば「1ヵ所5,000円」という料金の業者があったとします。一見相場より安くお得そうに見えますが、台所・お風呂場・洗面台と数箇所を依頼するとそれほど安いわけではなくなります。また、基本料金を排水管の長さで区切り、一定の長さ以上になった場合は追加料金が必要となる場合や、出張費や材料費が別途かかる場合もあります。
排水管高圧洗浄業者を選ぶ時は、業者それぞれの料金設定をよく確認して依頼するようにしましょう。

高額請求に注意

独立行政法人「国民生活センター」が、排水管の点検や洗浄で高額請求されるケースについて注意喚起をしています。

  • 『無料だから』と言われて訪問業者に点検を依頼したら排水管の詰まりを指摘され、契約したら高額な費用を請求された
  • 「高圧洗浄3,000円」など安さを強調したチラシの業者に依頼したら追加料金が高く合計50,000円の支払いになった

上記のようなケースがあるとのことです。

訪問業者や安さを強調した業者には注意し、合計いくらの作業なのかを確認してから依頼するようにしましょう。

※参考:「排水管の点検や洗浄の勧誘にご注意!-「無料点検」のはずが洗浄の勧誘!?「料金3,000円」のはずが数万円に!?-」(独立行政法人国民生活センター)

排水管高圧洗浄の相場や、専門業者に依頼する際に注意すべき点について、以下のコラムでくわしく解説しています。業者に依頼する前にぜひご一読ください。

こちらの記事もチェック
排水管高圧洗浄の相場は〇〇円!見積もったその金額…法外な金額かも?

排水管高圧洗浄の相場は〇〇円!見積もったその金額…法外な金額…

排水管の流れが悪いと思ったら、高圧洗浄が必要かもしれません。…

2019.12.12
イエコマ編集部

排水管高圧洗浄業者の選び方

排水管高圧洗浄を依頼する業者選びの際には、なるべく料金体系が分かりやすい業者を選びましょう。

一見安そうに見える業者が本当に安いとは限らない

排水管高圧洗浄の業者の中には、数千円程度の非常に安い料金をうたっているところもあります。
しかし、一見すると安そうに見えるだけで、実はあまり安くないケースも少なくありません。

安すぎる料金を掲げている業者は不明瞭な追加料金があるかも

数千円程度の価格で安さを強くアピールしている業者に依頼した場合に、本当に数千円程度ですむケースはまれです。
安すぎる料金を掲げている業者の多くは、追加料金の形で料金を上乗せしてきます。

チラシなどで大きく表示している料金は、もっとも安くすむ場合の料金や、基本料金だけのケースが多いです。
業者によっては、追加料金の決まり方が不明瞭なところもあります。

1ヵ所のみの料金で安く錯覚

安そうに見えて実は安くない業者で多いのは、1ヵ所のみの料金を大きくアピールしているケースです。必要な箇所を全部洗浄する場合には、かえって高くつくケースがよくあります。

不明瞭な追加料金のない業者を選ぼう

業者を選ぶ際には、大きく表示されている金額だけでなく、追加料金の有無の確認が重要です。どのようなときに、いくら追加料金がかかるのか理解した上で、その業者に依頼するかどうか決めましょう。

もし、追加料金に関して不明瞭な点があれば、他の業者にした方がいいかもしれません。

まとめ

生活排水が毎日流れる排水管は、想像以上に汚れが蓄積しています。
床下にあり、曲がりくねっていることもある排水管に長年蓄積した汚れを落とすには、高圧洗浄機を使うのがもっとも確実です。とりわけ、高機能の業務用高圧洗浄機を用いる経験豊富な専門業者に依頼するのが最善の方法といえます。

排水管洗浄の業者の数が多く、どの業者に依頼すればいいか迷っている人におすすめしたいのがイエコマの「排水管保守クリーニング」です。排水管清掃のプロが業務用の高圧洗浄機で排水管を徹底的にきれいにしてくれます。

初めてイエコマのサービスを依頼する場合、外・内配管の清掃が税込10,780円。さらに、通常3,300円の出張料も無料になります。この機会にぜひお試しください。

排水管保守クリーニングならイエコマ

家のプロによる排水管保守クリーニングが…
外配管のみ:5,500円/一式
外・内配管:10,780円/一式
※トイレ不可
排水管清掃
何年も洗浄していない排水管も、安全・確実にキレイに!

24時間365日受付

イエコマの排水管クリーニングの詳しい説明

ページトップへ戻るTOP