埋め込みガスコンロの交換方法と選び方|交換or修理…判断基準はコレ

LINEで送る
Pocket

閉じる

暮らしをもっと便利にする住宅設備を
お家メンテナンスのエキスパート
イエコマが厳選して選びました。

ネットで簡単注文・お見積りまで行います。
アフターメンテナンス付きでずっと安心

イエコマおすすめガスコンロはコチラ

日常生活で使うガスコンロは、調子が悪くなると不便ですよね。修理するべきか交換するべきか、なるべく早く判断して対応したいものです。

キッチンと一体になっている埋め込みガスコンロを取り替える場合、工事が必要になるため計画的に行う必要があります。

この記事では、ガスコンロを取り替えるか修理するか判断するタイミング、取り替える場合の方法、費用の目安などをお伝えします。

ガスコンロの調子が悪く、修理や取り替えを検討している人は、正しい取り替え時期や、自分に合った対応方法が見つかるでしょう。
ぜひ参考にしてください。

ガスコンロ取り替えの目安

ガスコンロの調子が悪い際に、修理か?交換か?で迷う人は少なくありません。ガスコンロの故障のサイン、修理費用の目安、寿命についてお伝えします。

ガスコンロの故障のサインと原因は?

ガスコンロの故障のサインとその原因について確認しましょう。

点火しない、点火しづらい、ガスくさい、火力が小さい

点火しない場合や、点火時の臭いが気になる場合、火力が弱い場合には、次の原因が考えられます。

  • 電池切れ
  • バーナーキャップの位置がずれている
  • バーナーキャップが濡れている
  • ガスホースが抜けている
  • ガスホースが折れている

バーナーキャップとは、点火するバーナーにふたをするようなかたちで取り付けられた部品です。吹きこぼれなどの汚れからバーナーを保護する役割をしています。

まずは電池を交換したり、バーナーキャップの取り付け方、汚れを確認したりしましょう。

炎の色が青くない

赤いガス炎

赤い炎などガスコンロの炎の色が青くない場合は、不完全燃焼を起こしているサインです。
不完全燃焼は、人体に有害な黒煙や一酸化炭素が発生する場合もあるので、すぐに改善しましょう。

不完全燃焼の原因は、バーナーキャップの汚れが原因であることがほとんど。溝部分の目詰まりを解消し、水気や付着汚れを除去した上で炎の色を確認しましょう。

【バーナーキャップの溝】

バナーキャップの溝

掃除しても改善しない場合や、バーナーキャップに変形が見られる場合は、交換が必要になります。メーカーに問い合わせてください。

また、室内で加湿器を使用していると、水道水に含まれるアルカリ金属類のイオンとガスの炎が反応し、色がオレンジになることがあります。
この場合は不完全燃焼ではないので、心配ありません。

エラーコードが出る

エラーコードが出る場合や、エラー音が鳴る場合は説明書を確認し、エラーの原因を確認しましょう。

ガスコンロの修理費目安

ガスコンロの修理費用は、部品代+工賃で算出されます。
一般的な修理費用の目安を確認しましょう。

  • 天板の交換:約50,000円(材質によって異なります)
  • バーナーキャップ:5,000~10,000円
  • バーナー:10,000~30,000円
  • グリル:5,000~30,000円
  • 基盤、電子部品交換:10,000~20,000円
  • 各種部品交換:5,000~30,000円(材質によって異なります)

この他に、出張費・休日、夜間特別加算費・点検費などが加算されることもあります。
メーカーに問い合わせ、見積もり金額を聞いた上で判断しましょう。

ガスコンロの寿命は?

ガスコンロの寿命は、7~10年とされています。使用頻度や使い方によって異なりますが、10年前後で何らかの不具合が出ると考えていいでしょう。

メーカーの部品保管期間は、製造終了から5年間。そのため、製造終了から5年を目途に修理のための部品が手に入りにくくなり、故障しても修理対応ができなくなる場合があります。

また、2008年10月から安全センサーの搭載が義務付けられ、すべての機種に「温度管理機能」や吹きこぼれなどで消火した場合の「立ち消え消火機能」が付くようになりました。

これらのことから、「修理か交換か?」は、次のことに注目して判断してください。

  • 2008年10月より前の製造
  • 7年以上使用している
  • 修理部品が手に入らない

以上にあてはまる場合、交換を検討しましょう。

ガスコンロの寿命について、くわしくはこちらの記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの寿命は約6年!?|寿命が過ぎてもココを確認すればまだ使える

ガスコンロの寿命は約6年!?|寿命が過ぎてもココを確認すれば…

暮らしをもっと便利にする住宅設備を お家メンテナンスのエキス…

2020.1.22
イエコマ編集部

埋め込みガスコンロの取り替え方法

埋め込みガスコンロは、システムキッチンに組み込まれたコンロのことです。“ビルトイン型”とも呼ばれます。
埋め込みコンロを取り替える場合の手順と、選び方について確認しましょう。

埋め込みガスコンロの取り替え手順

据え置き式ガスコンロから埋め込みガスコンロに取り替える場合や、埋め込みガスコンロの取り替えを行う場合、ガスホースの接続作業が必要です。
接続部分の作業は、次の資格を持った専門家しか行うことができません。

  • LPガスの場合「液化石油ガス設備士」
  • 都市ガスの場合「ガス可とう管接続工事監督者」もしくは「ガス機器設置スペシャリスト」

危険が伴う専門的な作業なので、必ず専門業者に依頼しましょう。

業者に依頼した場合、ガスコンロを選び、見積もり書の確認を行い、金額に納得した上で契約を結びます。
ガスコンロの交換は、次のような手順で進みます。

1.ガスの元栓をしめる
2.コンロを取り外す
3.設置する場所の掃除、必要に応じて加工
4.新しいコンロを設置する
5.天板を設置する
6.ガス管を接続する

希望の日程で工事が行えるか、古いガスコンロの処分まで行ってくれるか、見積もり書以外に追加でかかる費用があるかなど、契約前に確認しましょう。疑問や不安を解消した上で契約を結びましょう。

埋め込みガスコンロの選び方

ガスコンロは、いろいろなメーカーから豊富なデザインや機能の商品が販売されています。
埋め込みガスコンロは、設置されるスペースが限られているため、サイズを間違えると設置することができなくなります。

また、毎日使うものなので、自分の暮らしや使い方に合ったガスコンロを選びたいですよね。
埋め込みガスコンロの選び方で失敗しないために、くわしくはこちらの記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの賢い選び方|高齢者・単身者・賃貸ごとでこんなに違う

ガスコンロの賢い選び方|高齢者・単身者・賃貸ごとでこんなに違…

素材やカラーなど、豊富なバリエーションのガスコンロが販売され…

2020.1.23
イエコマ編集部

埋め込みガスコンロ取り替え費用の目安

白い電卓と数万円

埋め込みガスコンロの取り替えは、専門業者に依頼する必要があるため、据え置きガスコンロに比べて取り替え費用は高くなります。
事前に費用の目安を把握して、計画的に取り替えができるといいですね。

据え置き型から埋め込みガスコンロへ取り替え

据え置き型ガスコンロは、ガス台に据え置くタイプのガスコンロです。
据え置き型を埋め込みガスコンロに交換する場合、ガス台部分を埋め込み対応のキャビネットに取り替える必要があり、工事の相場は次のようになります。

据え置きガスコンロ

  • 埋め込み対応キャビネット:20,000~60,000円
  • 埋め込みガスコンロ本体:40,000~140,000円
  • 工事費:30,000~50,000円
  • 既存ガスコンロ、キャビネット撤去処分費 5,000~20,000円

据え置きガスコンロを埋め込みガスコンロに交換すると、清掃性がアップするメリットがあります。

埋め込みガスコンロを交換

もともと埋め込みガスコンロがついていた場所に新しい埋め込みガスコンロを設置する場合、キャビネットなどはそのまま使える場合がほとんどです。
工事の相場は次のようになります。

  • 埋め込みガスコンロ本体:40,000~140,000円
  • 工事費:20,000~35,000円
  • 既存ガスコンロ撤去処分費:5,000~20,000円

IHクッキングヒーターからガスコンロへ取り替え

IHクッキングヒーターをガスコンロへ取り替える場合、新しいガス配管作業が必要になります。
工事の相場は次のようになります。

IHクッキングヒーター

  • 新規ガス配管工事:40,000~70,000円
  • 埋め込みガスコンロ本体:40,000~140,000円
  • 工事費:20,000~35,000円
  • 既存クッキングヒーター撤去処分費:5,000~20,000円

オール電化住宅の場合、ガスコンロを設置するのはメリットが少なく、ガス引き込み費用などの工事費がかさみ、現実的ではありませんので省略します。

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ取り替え

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ取り替える場合、ガスの閉栓作業と、IHクッキングヒーター専用の200V回路を作る必要があり、工事の相場は、次のようになります。

  • 専用回路電気工事費:40,000~70,000円
  • ガス閉栓作業費:10,000~20,000円
  • IHクッキングヒーター本体:40,000~140,000円
  • 工事費:30,000~50,000円
  • 既存ガスコンロ撤去処分費:5,000~20,000円

ガスコンロ取り替え費用について、くわしくはこちらの記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの交換費用の相場|我が家にピッタリのガスコンロを選ぼう

ガスコンロの交換費用の相場|我が家にピッタリのガスコンロを選…

暮らしをもっと便利にする住宅設備を お家メンテナンスのエキス…

2020.1.21
イエコマ編集部

ガスコンロの種類

ガスコンロの種類には、供給されるガスの種類、サイズなどの基本的な種類から、機能面での差、便利な機能があるものなどさまざまな種類があります。

ガスコンロの種類は、ガスコンロを選ぶ際によく理解して、自分に合ったものや失敗しないための商品選びに役立てましょう。

くわしくは、こちらに掲載していますので、チェックしてみてください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの種類は奥深い!種類ごとの取り扱い注意点も知っておこう

ガスコンロの種類は奥深い!種類ごとの取り扱い注意点も知ってお…

暮らしをもっと便利にする住宅設備を お家メンテナンスのエキス…

2020.2.27
イエコマ編集部

まとめ

ガスコンロの取り替え時期の目安、取り替え方法、取り替え費用の目安、ガスコンロの種類などについてお伝えしました。
ガスコンロは、毎日使うことが多いものですから、不調を感じた場合にはなるべく早く対応して、不便さを解消しましょう。

新しいガスコンロは、使い勝手や清掃性、デザイン性などにこだわって自分に合ったものを選べるといいですね。

ページトップへ戻る