ハウストラブルコラム

内回り

網戸の戸車の調整・取り外し・取り付け方法を解説!戸車の商品紹介も

網戸がガタガタしていたり、開け閉めしづらかったりするとき、網戸についている「戸車」という部品に原因があることがあります。そこで、 戸車に何かすれば解決するのかな? でも、戸...

続きを読む

エアコンの寿命は約10年!掃除で不調が直る事も?買替え費用も解説

エアコンからいつもと違う音が聞こえたり、調子が悪かったりすると、「もう寿命なのかな?」と不安になりますね。 エアコンを買い替えたほうがいいのか、修理やお手入れで対処できるのか、迷うこともある...

続きを読む

網戸の隙間の原因は5つ!網戸の使い方だけで解決することも!

網戸の周りに隙間があると、そこから蚊やゴキブリなどの害虫が入ってくる恐れがあります。これでは、網戸本来の性能を発揮できず、快適な生活を送ることができません。 今回は網戸の隙間についてくわしく解説...

続きを読む

網戸掃除の基本5つと掃除方法7選!汚れ防止には結露防止スプレー!

網戸の汚れに気づいたとき、 正直、掃除は面倒くさいなあ。放っておくのはだめ? 掃除するとして、どんな方法で掃除するのがいいのだろう? このようなことを考えますよね。 このペ...

続きを読む

網戸を自分で張り替える方法9ステップを解説!実際の写真付き

自宅の網戸が、穴が空いたままになっていませんか? 破れたままの網戸を使うと、換気の際に室内へ虫が侵入します。とはいえ、どのように張り替えたらいいのか、自分で張り替えられるのか、知らない人も多...

続きを読む

【築年数別】住宅の劣化状況と長くお家に住み続けるコツを紹介

住宅は、築年数が経つにつれて、さまざまな部分が劣化していきます。 劣化の程度や原因は、住宅の構造や材質、環境などによって異なりますが、長く住み続けるには定期的な点検・メンテナンスが不可欠です。住宅の...

続きを読む

どんな汚れも怖くない!壁紙の効果的な掃除方法|汚れ別まとめ

シミや落書きなどの汚れがなくても、壁紙は定期的な掃除が必要なのを知っていますか? 一見きれいな部屋の壁紙も、近くでよく確認すると、案外汚れが付いているものです。 今回は、壁紙に付いた汚れを早く簡単...

続きを読む

網戸の張り替え料金は1枚で1,000~6,000円が相場!

自宅の網戸のネットに破れやほつれを見つけたとき、「網戸の張り替えの料金はどのくらいなんだろう?」と気になりますよね。 このページでは、網戸の張り替え料金の相場や、料金を大きく左右するネットの種類につ...

続きを読む

網戸の形とネットの種類を解説!あなたの家に合った網戸がわかる!

自宅の網戸のメンテナンスにあたって、網戸の形状や、網(ネット)の種類の多さに驚いた人もいるでしょう。 「現在使っているのと同じ種類でいいのか、変えたほうがいいのか」と迷いますよね。 ...

続きを読む

カビ臭いときの原因と対処法5つ!プロに掃除してもらう選択肢も!

「掃除はしているのに家の中が何となく臭い」と気になることはありませんか? その臭いの原因はカビかもしれません。カビの臭いは、家の中のどこかでカビが増殖しているサインです。 健康や家屋に...

続きを読む

壁紙のヤニ落としの方法と洗剤を紹介!ヤニが取れないときの対処法も

壁紙がタバコのヤニで汚れていると、独特な臭いが染み付いたり、黄ばみが気になったりしますよね。とはいえ、禁煙やご近所トラブルが心配でベランダでの喫煙が難しい人もいるでしょう。 今回は、タバコのヤニ...

続きを読む

最近よく耳にする耐震基準ってなに?詳しく教えて!

建築基準法とは 地震等による災害で一番懸念されるのが、建築物の損壊や倒壊による国民の生命や財産への被害です。 そもそも日本に限らず法整備が整っている文明国においては、災害時だけでなく通常時において...

続きを読む

建築物に求められる耐震基準ってなに?詳しく教えて!

耐震基準が制定された経緯は? 近年日本で発生した地震災害といえば、おそらく阪神・淡路大震災と東日本大震災を思い浮かべる人が多いかと思います。 大正時代に発生した関東大震災から長らく大地震が発生しな...

続きを読む

耐震基準の基本をおさらい あなたの家は大丈夫?

近年も各地で大地震が発生していて、自宅の耐震性について不安に思うことも多いですよね。 意外と知られていないのですが、日本の耐震基準は年々変化していることをご存知ですか? この記事では、地震に対する...

続きを読む

耐震工事はなぜ必要なの?

地震大国といわれている日本。近年だけでも、震度7クラスが数度起きています。1995年の阪神淡路大震災、2000年の鳥取県西部地震、そして、2011年の東日本大震災は大変な被害を生み出しました。 ...

続きを読む

自分の家は自分で守りぬく!自分でできる雨漏り5つの対策!

雨漏りが発生すると室内がぬれたり嫌な臭いがしたりと、とにかく困りますよね。 雨漏りを放置していると家の内側でどんどん腐食が進み、最悪の場合、家を建て替えなければいけなくなってしまいます。 雨漏り対...

続きを読む

新耐震基準をクリアしてれば大丈夫なの?更なる耐震強度を求める人は必見!

地震時における新耐震基準の効果は? ウチは新耐震基準に対応した家だから地震があっても大丈夫! そう思って安心している人も多いでしょうが、新耐震基準に対応した建築物だからといって本当に安心できるので...

続きを読む

あなたの住居は大丈夫?耐震性で一番に求められる基礎補強

耐震補強の必要性 阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など、近年発生している数々の大地震。 自宅の耐震性は大丈夫なのか?と心配している人も少なくないでしょう。さらに、今後30年の間にはマグニチ...

続きを読む

【雨漏り修理する人必読】修理前に行う調査方法や費用・修理方法など

雨漏りは屋根から雨水が浸入して起こるもの、と思っていませんか?雨漏りは、外壁やベランダなど、雨にさらされた場所ならどこでも起こるトラブルです。 日本の一般住宅の半分以上を占める木造住宅にとって、...

続きを読む

雨漏り修理の相場はどれくらい?箇所や家の形によって差が出る!?

最近家の中がカビ臭い、壁にいつの間にかシミができていた、という経験をしたことはありませんか? 実は、これらは雨漏りが原因で起きている可能性があります。 「雨漏り」といえば、天井から水が滴るイメージ...

続きを読む

雨漏りor結露…違いは発生時期と場所にあった!?それぞれの対処方法

「天井から水滴が落ちてきた」 このような事態に直面したとき、多くの人は雨漏りが原因だと考えるのではないでしょうか。実は、雨漏り以外に結露が原因になることもあるのです。 一方、「窓ガラスや近くの...

続きを読む

外壁の雨漏りを放置すると健康被害の恐れも!?原因と対処方法

雨漏りは、屋根から水が入ってきて天井から漏れてくるイメージを抱いている人が多いでしょう。 しかし、雨漏りが起こっているときの水の浸入経路は屋根だけではありません。外壁から水が浸入してきて雨漏りしてし...

続きを読む

雨漏りの調査方法は5種類|方法ごとの特徴や相場を紹介!

「天井から雨水が垂れてきた」「室内が湿っぽい」など、雨漏りやその兆候があらわれたらすぐに修理することが大切です。 しっかり修理を行い、雨漏りを繰り返さないためにも、まずは雨漏りしている箇所を見つけな...

続きを読む

雨漏り修理の見積もりのチェックポイント|相見積もりしないとまずいワケ

一刻も早くなんとかしたい雨漏り。気になるのが、修理にいくら必要なのかでしょう。 しかし、出費を恐れて修理の決断が遅れると、雨漏りの状況が悪化し、より高額な修理になる可能性があります。 費用の不...

続きを読む

雨樋が雨漏りを発生させる!?放置すると隣家にこんな迷惑をかける?

雨漏りが発生したとき、真っ先に疑うのは「屋根の異常」ではないでしょうか。屋根以外では、外壁やベランダなども有力候補に挙げられます。 では雨樋はどうでしょう。屋根と密接な関係にありながら、あまり意...

続きを読む

天井のシミの原因は雨漏り,結露,ネズミ…放置すると〇〇が家中に発生?

天井を見たとき、うっすらと黒いシミが広がっていることはないでしょうか? 「それほど大きなシミではないから様子をみよう」 「ちょっと汚れたくらいなら気にしない」 などと考えて天井のシミを放置すると...

続きを読む

雨漏り修理の保証の条件|不法行為なら20年間責任追及できる?

雨漏りは、家の強度や耐久性にも悪影響を及ぼす深刻な問題なので、すぐに原因究明をして修理すべきトラブルです。 しかし、雨漏りは屋根以外の箇所から発生することもあり、安くない修理費用のため、修理に二の足...

続きを読む

台風で雨漏りした時の原因と対処法

台風の時の雨漏りは、台風が去るまで修理業者も呼べず、通常の降雨より雨量も多いため、とても不安な気持ちになるでしょう。 通常の雨では雨漏りしていなくても、台風の時だけ雨漏りする住まいもあります。 こ...

続きを読む

雨漏り調査とは?調査方法と費用について解説!

天井から滴る水、湿った壁……雨漏りが生活に及ぼす影響は甚大です。壁や柱の腐食やシロアリの繁殖を招き、家屋や家財道具を劣化させてしまうほか、カビやダニが繁殖しアレルギー性鼻炎などの原因になるなど、健康被...

続きを読む

色水を使った雨漏り調査「発光液調査」とは

雨漏りが発生したらすぐに修理に取り掛かりたいところですが、天井や屋根をやみくもに修繕しても再発する恐れがあります。まずは雨水が室内へ浸入している原因箇所を突き止めることが大切です。 雨漏り調査にはさ...

続きを読む

ページトップへ戻るTOP