雨漏りを放置するとどうなる?健康被害や感電、火災のリスクも!

LINEで送る
Pocket

「雨漏り」といえば、屋根からポタポタと雨水が垂れる様子を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、雨漏りは屋根だけではなく、家のさまざまな場所から発生する可能性があります。

今回は雨漏りを放置することで起きるトラブルについて紹介します。

雨漏りで発生するトラブルは、私たちの住まいや健康に深刻な被害をもたらします。
この記事を読んで雨漏り被害の恐ろしさを知り、万が一雨漏りが発生したときも早期発見・早期対処ができるようになりましょう。

雨漏りを放置するとどうなる?

雨漏りしている状態を放置すると、さまざまなトラブルが発生します。
トラブルには、雨漏りが直接の原因となって起こる「一次被害」と、雨漏りによる一次被害が原因となって起こる「二次被害」があります。

雨漏りによる一次被害

雨漏りが原因で、以下のような「一次被害」が発生します。

見た目が悪くなる

天井から雨漏り

雨漏りが発生した建物は、雨水が屋根や外壁を伝って室内へ浸入します。室内へ雨水が入ることで、外壁にひび割れや黒ずみなどの変色が起きたり、室内の壁紙や天井にシミができたりするのです。
家の外観や内装の見た目が悪くなり、家が老朽化して見えます。

家財への被害

綺麗なタンス

クロスから染み出た雨水や湿気、天井からポタポタと垂れる雨水などが、室内にある家具や家電製品を濡らすこともあります。

シミができて見た目が悪くなったり、濡れることで傷んだり壊れたりするかもしれません。

電気設備や電気器具への被害

配線工事中

本来、電気設備や壁の内部にある配線は、電気が漏れないように絶縁体で覆われています。

しかし雨漏りが発生すると、電気が外に漏れ出る「漏電」が発生します。絶縁体の隙間に湿気や雨水が入り込んでしまい、電気が正常に流れなくなるのが原因です。
漏電が起きると、毎月の電気代が高くなったり、停電したり、家電製品が故障することがあります。

家の劣化

雨漏りは家のさまざまな場所で発生する恐れがあります。
一見、深刻そうには見えない状態でも、壁の内部では木材の腐食が進行していることがあるのです。

家の耐久性が落ちて、気がついたときには倒壊の危機にさらされているケースもあります。
雨漏りにより家の寿命が縮まったことで、資産価値の低下につながることもあるのです。

雨漏りによる二次被害

雨漏りが原因となって起きる「一次被害」が派生することで、さらに深刻な「二次被害」が起きる可能性もあります。

雨漏りを発見したら、すぐに点検・修理することが重要です。

シロアリの発生

シロアリ絵

雨漏りが発生した家は、雨が降っていない日でも室内がジメジメとして湿気を含みます。湿って柔らかくなった木はシロアリの大好物で、格好の住処です。

シロアリが住み着くと柱がボロボロになるなどの被害が起こり、雨漏りで傷んだ建物へのダメージが加速して、倒壊の危機にさらされるケースもあります。

健康被害

不安そうな女性

雨漏りが発生すると家の中の湿度が高くなり、カビやダニなどが繁殖しやすくなります。
カビやダニはくしゃみや咳、鼻水などの症状や、喘息、アレルギーを引き起こす物質です。

少しずつ体内に蓄積された物質により、突然「シックハウス症候群」を発症し、吐き気や嘔吐、頭痛、喉の痛みなどの症状が出ることもあります。

また、健康被害やカビ臭さが漂う不衛生な部屋での生活に、住む人が大きなストレスを抱えるかもしれません。

感電や火災の発生

火災イラスト

雨漏りにより発生した漏電は、さらに深刻な事態を引き起こす可能性があります。
漏電している器具に触れると、感電する恐れがあるのです。感電により、やけどや心肺停止、命を落としてしまう可能性もあります。

また、天井裏や家具の裏側などの場所で漏電した場合は、周囲にたまっていたホコリに発火して、火災が発生する恐れもあります。

雨漏りが発生する原因と対処法

雨漏りは建物のさまざまな場所で起こり、場所によって原因や状態が異なります。

雨漏りが起こりやすい場所や一時的な応急措置の方法については、下記の記事で確認しましょう。

こちらの記事もチェック
雨漏りの原因と対処法攻略|雨漏り修理は簡単でもなく実は危険作業!?

雨漏りの原因と対処法攻略|雨漏り修理は簡単でもなく実は危険作…

雨漏りで困った経験はありませんか?梅雨どきや台風の時期などは…

2019.7.19
イエコマ編集部

雨漏りの調査内容と相場、修理の方法や費用など

さまざまなトラブルを引き起こす「雨漏り」。雨漏りが発生したらすぐに修理したいものですが、まずは雨漏りが発生している場所を特定しなければなりません。
雨漏りの調査方法はいくつかあり、調べ方や費用が異なります。

くわしい雨漏りの調査内容や費用については、以下の記事でチェックしましょう。

こちらの記事もチェック
雨漏りは気づいたらすぐ頼もう!雨漏りの調査内容と概算費用を紹介

雨漏りは気づいたらすぐ頼もう!雨漏りの調査内容と概算費用を紹…

雨漏りが実際に発生してしまうと、どこに修理の依頼をすればいい…

2017.3.7
イエコマ編集部

火災保険が適応できるケースも

屋根の雨漏り修理に、火災保険が適応される可能性があることをご存知ですか?
保険内容によっては雨漏りの修理代だけではなく、「家財」も補償対象に含まれているケースもあります。

雨漏り修理で火災保険が適応できるケースや家財が補償対象に含まれているかチェックする方法については、以下の記事で確認しましょう。

こちらの記事もチェック
損してる?その雨漏りは火災保険の適応ケースかも!

損してる?その雨漏りは火災保険の適応ケースかも!

屋根の雨漏りを修理する際に、実は火災保険が適用されるケースが…

2017.3.7
イエコマ編集部

雨漏り修理業者の悪質業者に注意!

雨漏り修理を依頼する業者選びは慎重に行う必要があります。業者選びに失敗すると、きちんとした修理ができず、何度も雨漏りを繰り返したり多くの費用がかかったりすることもあるのです。

さらに悪徳業者の存在にも注意が必要です。不要な工事を行ってわざと雨漏りを発生させたり、高額な費用を請求したりするトラブルが発生しています。

独立行政法人 国民生活センター」には、雨漏り修理に関する以下のような相談が寄せられています。

  • 雨漏り対策のためのリフォームを依頼したが、追加費用を請求された上に、以前よりさらに雨漏りがひどくなった。
  • 雨漏り修理を繰り返しても雨漏りが改善されない。何度も依頼したので、補修費用が高額になってしまった。
  • 「近所で工事をしていて挨拶にきた」という業者から「屋根の傾きが気になる、今なら千円で修理する」と言われたので、お願いした。しかし、作業後に「このままだと雨漏りが発生するので屋根全体を工事した方がいい」と不安をあおられ、結局、高額な契約をしてしまった。

※参考:国民生活センターADRの実施状況と結果概要について(平成29年度第2回)
千円のはずが20万円の工事に!?屋根工事の契約トラブル

契約を急かしたり、屋根の上に上がらず現地調査をしたり、修理後のアフターフォローがなかったりする業者とは契約しない方がいいでしょう。

親切・ていねいな対応をしてくれる実績豊富な業者を選ぶことが重要です。雨漏り調査や修理を依頼する場合は、慎重に業者選びを行いましょう。

イエコマの屋根・雨漏り診断

雨漏り修理をするためには、まず雨漏り箇所と原因を特定しなければなりません。しかし、雨漏り箇所の特定は非常に難しい作業です。

そのため業者選びは非常に重要です。悪徳業者も存在するため、慎重に決める必要があります。親切・ていねいな対応をする実績豊富な業者を選びましょう。

住まいのトラブルを解決するエキスパートの「イエコマ」では、「屋根の雨漏り診断」を行っています。特定が難しい雨漏り診断ですが、低価格・高品質で、さらにアフターフォローも付いています。屋根の雨漏り診断は、経験と実績豊富なイエコマに安心してお任せください。

まとめ

今回は雨漏りを放置することで起きるトラブルについて紹介しました。住まいや住んでいる人の健康に甚大な被害をもたらす可能性のある「雨漏り」は、発見したらすぐに修理することが重要です。

修理する前にはまず雨漏り箇所の調査が必要です。しかし、難しい作業で、悪徳業者も多く存在するのが実情です。
親切でていねいな対応をする、アフターフォローのしっかりした信頼できる業者を選びましょう。

住まいのメンテナンスのエキスパート「イエコマ」では、屋根の雨漏り診断を承っています。

「もしかしたら雨漏りしているかもしれない」
「壁が湿っているのをずっと放置している」
など雨漏りに関するお悩みがある方は、雨漏り被害が進行する前にイエコマへお問い合わせください。

屋根・雨漏り診断ならイエコマ

熟練スタッフによる屋根・雨漏り診断が…
屋根・雨漏り調査:現地調査お見積り無料
散水調査・赤外線調査:50,000円
換気扇の点検
雨漏りの修理費用はどのくらいかかるのか…
保険が適用されることはあるのか…
雨漏り現地調査後、家の施工プロの視点から、ベストの解決策を提案させていただきます!

24時間365日受付

イエコマの『雨漏りの現地調査』の詳細

ページトップへ戻る