雨樋の詰まりは放っておくと大変なことに!

目次

1、雨樋の役割とは?
2、雨樋が壊れる原因は?
3、自分で行う場合の対処方法は?

1、雨樋の役割とは?

昔の人や専門の人ならばいざ知らず、一般の人ならば雨樋と言われてもピンとこないという人は多いのではないでしょうか?
雨樋とは、屋根の軒先に付いた集水器のことで、屋根を伝って流れてきた雨水を集めて下水に導く役割があります。なんでそんなものが必要なの?と思われる人も多いかと思いますが、この雨樋がなければ屋根を伝って流れる雨水は直接地面に落ちることとなり、それが継続すると地面に溝を造ってしまいます。溝ができると、建物の基礎周りを不安定にするだけでなく、屋根の軒先から建物の外壁に伝ってしまい腐食させてしまうので、一気に建物の老朽化を早めてしまうことになるのです。

雨樋が破損して十分な役割を果たせない状況を放っておいてしまっていては、建物は大きな被害を受けることとなり、最悪の場合は建て替えしなければならない状況に追い込まれることも考えられます。
よって屋根からの雨水が直接地面に落ちてくるなどの状況になった場合は、雨樋が壊れていないかを確認して、修理が必要な場合には迅速な対応が求められるのです。

2、雨樋が壊れる原因は?

雨樋が壊れる原因にはさまざまなものが考えられますが、一番多いのが風によって運ばれた落ち葉等のゴミなどが詰まって、雨水の流れるルートを遮断してしまっているケースです。
また、雨樋は屋根の軒先全てに軒樋と呼ばれるルートが設置されており、雨水の流れを確保しているのですが、それら軒樋を流れる雨水は集水器(流れる雨水が集まるところ)に集められて下方へ伸びた竪樋と呼ばれるパイプを流れて下水溝へと運ばれます。
よって、ルートである軒樋に詰まり生じるケースも多いのですが、ここに問題がない場合には、集水器にゴミが詰まっていることが考えられます。
実は雨樋にゴミが詰まるケースで一番多いのがこの集水器の詰まりなのです。

以下のイラストのように、集水器にゴミや枯れ葉などが溜まっていたり、エルボが外れているような状態は、早急に雨樋の修理や清掃をする必要があります。

雨樋の故障につながる状態

雨樋が壊れる原因がゴミ等の詰まりである場合は、もちろん業者に依頼して修理をしてもらうこともできるのですが、業者に頼らず自分で行うことも可能です。

3、自分で行う場合の対処方法は?

それでは自分で修理を行う場合の対処方法を簡単に説明していくことにしましょう。

集水器の場合

集水器の近くにハシゴをかけて確認できるゴミを取り除きましょう。
手前だけのゴミを取って終了する人も多いのですが、よく確認して手が届く範囲のゴミは取り除くようにしてください。
最後に水を流してスムースに流れるようならば修理完了です。

竪樋の場合

集水器のゴミを排除してもスムースな水の流れがなかった場合には、竪樋のゴミの詰まりが考えられます。
その場合には、まず竪樋下部の継手を外して竪樋の内部が見れるようにしましょう。そして竪樋よりも長い固めの針金を用意して、その針金の先に竪樋を通るくらいに布を巻き付けてください。
そしてハシゴを使って集水器へと上り、竪樋の入口から針金を押し込んでください。途中通らなくなることもありますが、上下へ移動を繰り返せば問題なく通過できます。そうすれば先ほど外した竪樋下部の出口から詰まったゴミが出てきます。
最後に水を流してスムースに流れるようならば修理完了です。

軒樋の場合

軒樋の修理はゴミが一目瞭然に確認できるので一番簡単です。ハシゴを使って上り、見えるゴミを排除するだけです。
しかし、軒樋の支持金具付近はハシゴをかけると破損することがあるので、他のところへハシゴをかけるようにしてください。
以上が自分でもできる修理の対処法です。
基本的には簡単に行えるものですが、これでも詰まりが改善されない場合には他の原因も考えられるので、専門業者へ依頼したほうがいいでしょう。

 

雨どいクリーニングならイエコマ

プロによる雨樋の清掃が…

ゴミ・落ち葉除去:5,000円/一式(税別)

高圧洗浄:9,800円/一式(税別)!

※雨どいの修理・交換にも対応します。


業界最安値に挑戦!初回限定で、見積もり・出張費無料!!

以下のように詰まってしまうと雨樋の故障にもつながります! 雨樋の故障につながる状態

家の専門家が高圧洗浄機を使って管の内部まで清掃!詰まりの元を徹底解消!

24時間365日受付

ページトップへ戻る