ガスコンロのメーカーを徹底比較!特徴を知って賢く交換しよう

LINEで送る
Pocket

調理をするとき、日常的に使う「ガスコンロ」は、さまざまな機種が各メーカーから販売されています。

しかし、豊富なバリエーションがあるために「新しいガスコンロへ交換したいけど、どの機種を選べばいいかわからない」というお悩みもよく聞きます。

据え置きタイプもありますが、今回は、システムキッチンに設置する「ビルトインタイプ」に注目します。ガスコンロ選びのポイントである大手メーカーごとの特徴について比較してみましょう。

ガスコンロはメーカーにより調理機能や便利機能が違います。新しいガスコンロへの交換を検討中の方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

ガスコンロのメーカー

ビルトインコンロの市場規模は600億円といわれています。
メーカー別ではリンナイが過半数を占め、ノーリツが3割、パロマが1割のシェアを占めています。
※参考:ビルトインコンロ”市場、600億円(リフォーム産業新聞)

ガスコンロはメーカーごとに特徴が異なります。それぞれ比較してみましょう。

リンナイ

リンナイロゴ

※引用:リンナイ

「リンナイ」は、1920年に愛知県で創業したメーカーです。ガスコンロなどの厨房機器の他にも、給湯機器や空調機器など熱エネルギー機器の製造・販売を行っています。

新技術の開発にも積極的で、アジアを中心にアメリカやオーストラリアでも事業展開しています。

天板の特徴

リンナイ天板

※引用:リンナイ

リンナイのガラス天板には、ドイツ・ショット社のCERAN(セラン)ガラスを採用しています。

表面が硬いので傷がつきにくく、優れた耐久性があります。色が剥がれ落ちることがなく、水分・油分を弾いて汚れも染み込みません。

フラットな表面なのでサッと拭くだけで掃除できるのが特徴です。

リンナイ独自の技術「イージークリーン」が施されている場合は、煮こぼれしても焦げ付きにくくなります。天板裏にアルミパネルが装着されており、熱分散させて天板の表面温度の上昇を抑えます。

ゴトクまわりの形状

リンナイゴトク

※引用:リンナイ

リンナイのゴトクは横長で楕円形の形状です。

天板にバーナーリングが固定されていて、取り外しできないタイプのガスコンロもあります。

バーナーリングとはバーナーの外側についているカバーのことです。天板と一体となることで、吹きこぼれたときの汁がガスコンロの内部へ浸入するのを防ぎます。

【バーナーリング】

バーナーリング

※引用:リンナイ

グリルの特徴

リンナイグリル

※引用:リンナイ

リンナイのグリルは、どの機種にも焼き網が搭載されています。
コンロ上でもグリルでも使えて、無水調理やグリル調理を楽しめる「ザ・ココット」や、直火調理ができて焼き網の煩わしい手入れを軽減できる「ココットプレート」などの専用調理器具が人気です。

リンナイの「スモークオフ」が搭載されているグリルは、グリル内で焼き切ることにより調理中の煙を81%、においを99%、カットします。

※参考:リンナイのスモークオフ(LiSSe)

そのほかの特徴

一般的なガスコンロは左右どちらか一方のバーナーが強火力になるように設定されています。

リンナイの「Wワイド火力バーナー」は、左右どちらのバーナーでも強火力が使用できるようになっており、効率よく調理ができます。

ノーリツ

ノーリツロゴ

※引用:ノーリツ

「ノーリツ」は、1951年に兵庫県神戸市で創業したメーカーです。給湯機器や温水暖房機器、バスルームやキッチンなど住宅設備機器の製造・販売を行っています。

日本で初めてビルトインコンロを作ったガス器具会社の「ハーマン」は、2001年にノーリツと業務提携をして子会社になりました。

天板の特徴

ノーリツ天板

※引用:ノーリツ

ガラストップには親水性の特殊コーディング「親水アクアコート」が施されています。汚れがこびりついても水に溶けやすいので、水拭きだけで簡単に落とすことができます。

ゴトクまわりの形状

ノーリツのガスコンロはゴトクが縦長の楕円形です。

バーナーリングにカバーが付いているタイプのガスコンロもあります。

ゴトクとバーナーリングが一体化した「ラックリングゴトク」を採用しているタイプもあり、洗いやすくシンプルな形状が魅力です。

グリルの特徴

ノーリツのグリルには、「焼き網を搭載しているタイプ」と「焼き網自体を搭載していないタイプ」があります。

ノーリツグリル

※引用:ノーリツ

「焼き網自体を搭載していないタイプ」は、温度センサー付き下火バーナーによる温度管理で、「焼く」だけではなく「煮る」「蒸す」「ごはん」「パン」などさまざまな調理方法が可能です。

油汚れが気になる焼き網や受け皿がないため、容器を洗うだけで手入れできます。

庫内に残った臭いは、ノーリツオリジナルの「グリルクリーンモード」でカットすることができます。ボタンひとつで庫内を空焼きにし、残った臭いやべたつきを解消します。

パロマ

パロマロゴ

※引用:パロマ

「パロマ」は1911年に愛知県名古屋市で創業したメーカーです。ガスコンロや給湯機器、ガス暖房機器などの製造・販売を行っています。

アメリカ・アジア・オセアニアなどの海外でも活躍しており、アメリカでのシェアは50%を誇ります。
※参考:業界激震!パロマが売上高4000億円を突破!米国シェアは脅威の50%(住生活新聞)

天板の特徴

パロマがおすすめしている天板は「ハイパーガラスコート」で、ホーロー素材に2層のガラスコートをコーティングしています。艶やかな光沢がありながらも、強度があり耐久性に優れます。

パロマ天板

※引用:パロマ

汁受け皿がない「シールドトップ」は、煮こぼれがガスコンロ内部へ浸入しにくく、掃除がしやすいのが特徴です。

ゴトクまわりの形状

パロマゴトク

※引用:パロマ

パロマのゴトクは横長で楕円形の形状です。
「すっきりクリーンゴトク」は洗いやすさや拭きやすさを考慮して、ゴトクの角が丸くなっているのが特徴です。

汁受け皿がない「シールドトップ」は、バーナー周りがトッププレートと一体になっています。
煮こぼれがガスコンロ内部に浸入しづらい形状になっており、汁受け皿がないので拭き掃除がしやすく手入れが簡単なのもメリットです。

グリルの特徴

パロマグリル

※引用:パロマ

法律で義務付けられている安全装置に加えて、火の消し忘れや煮こぼれの際に自動消火する機能などを備えた装置を「Siセンサー」といいます。うっかりミスを防ぐ安全装置です。

パロマはすべてのバーナーにSiセンサーが搭載されており、安全への意識が高いのが特徴です。

グリルにも「グリル消し忘れ消火機能」が付いており、一定時間が経過すると自動的に消火を行います。

波型深皿プレート「ラ・クック」はフタが付いているので、庫内へ油が飛び散ることなく、魚や肉料理などを焼き上げることができます。

そのほかの特徴

操作パネルが20度傾いている機種があります。腰をかがめることなく、立ったままの姿勢で操作ができ、見やすく押しやすいのが特徴です。

ガスコンロの寿命

ガスコンロは毎日のように使用する人が多く、故障して調理ができなくなると大変不便です。
ガスコンロには寿命があります。「最近調子が悪い」と感じたら、早めに交換しましょう。

ガスコンロの寿命についてくわしくは、以下の記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの寿命は約6年!?|寿命が過ぎてもココを確認すればまだ使える

ガスコンロの寿命は約6年!?|寿命が過ぎてもココを確認すれば…

家庭で調理をするのに欠かせないのが、ガスコンロです。毎日のよ…

2020.1.22
イエコマ編集部

ガスコンロの選び方

素材やカラー、バリエーションなどさまざまなガスコンロが販売されていますが、間違ったガスコンロを選ぶと使用することができません。

ガスコンロの選び方についてくわしくは以下の記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの賢い選び方|高齢者・単身者・賃貸ごとでこんなに違う

ガスコンロの賢い選び方|高齢者・単身者・賃貸ごとでこんなに違…

素材やカラーなど、豊富なバリエーションのガスコンロが販売され…

2020.1.23
イエコマ編集部

ガスコンロを選ぶ際の重要なポイントのひとつが横幅のサイズです。ガスコンロの横幅は種類により規格があります。
新しいガスコンロを交換する際は以下の記事を参考にして、既存のガスコンロのサイズを確認しましょう。

こちらの記事もチェック
ガスコンロのサイズ選びでもう困らない!重要なのは「横幅」だった!?

ガスコンロのサイズ選びでもう困らない!重要なのは「横幅」だっ…

自宅のガスコンロを新調するとき、サイズのことで不安になる方も…

2020.1.28
イエコマ編集部

ガスコンロ交換の相場

ガスコンロ交換はDIYできるタイプと、交換に資格が必要で業者に依頼しなければならないタイプがあります。

ガスコンロ交換に資格が必要なケースについては以下の記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの交換で資格が必要なケース|やってはいけない交換の仕方!?

ガスコンロの交換で資格が必要なケース|やってはいけない交換の…

ガスコンロの寿命は10年前後といわれています。10年を経過し…

2020.1.20
イエコマ編集部

業者にガスコンロ交換を依頼する場合は、新しいガスコンロ本体の費用に加えて交換費用がかかります。

ガスコンロ交換の相場については、以下の記事をご参照ください。

こちらの記事もチェック
ガスコンロの交換費用の相場|我が家にピッタリのガスコンロを選ぼう

ガスコンロの交換費用の相場|我が家にピッタリのガスコンロを選…

毎日の料理のなかで、油はねや吹きこぼれなどにさらされるガスコ…

2020.1.21
イエコマ編集部

イエコマのガスコンロ交換サービス

イエコマでは、ガスコンロ本体の価格に交換費用込みで、ガスコンロ交換サービスを承っています。

ガスコンロの調子が悪い場合やガスコンロの寿命が近づいている場合は、この機会にガスコンロ交換を検討してはいかがでしょうか。

イエコマが交換するガスコンロは、トップシェアを誇るメーカー「リンナイ」が製造・販売する「マイトーン RS31W27U12DGVW」です。

リンナイマイトーン

※引用:リンナイ

天板は、ガラストップとパールクリスタルから選択でき、耐久性がありお手入れしやすいのが特徴です。
パールクリスタルはカラーが全5色から選べるので、キッチンの雰囲気に調和したデザインを選ぶこともできますよ。

バーナーはWワイド火力で、グリルにはココットプレートが付いているので、調理の幅もグンとアップすることでしょう。

ガスコンロを新しいものへ交換を検討中の方は、どうぞお気軽にイエコマへお問い合わせください。

まとめ

今回はガスコンロのメーカーごとの特徴について紹介しました。

ガスコンロはさまざまな機種が販売されていますが、機能性やデザインがメーカーにより異なります。新しいガスコンロに交換する際は、今回紹介したメーカーごとの比較を参考に、自分に合ったガスコンロを探してくださいね。

ページトップへ戻る