問合件数:9,109件(9月現在)

雨漏りの原因、弊害とその対策について

ポタポタと厄介な雨漏り。雨漏りの原因には、屋根材の不具合、老朽化による隙間の発生、外壁のひび割れ、コーキングの劣化などが挙げられます。放置すると建材の傷みや腐敗、さらにはカビやシロアリの発生により、住宅全体の強度が保てなくなってしまうことも…。
もし雨漏りを発見したら、どのように対処すればよいのでしょうか?それぞれの場合ごとに、必要な対策を解説していきます。

目次

1、雨漏りの原因はなに?
2、雨漏りが引き起こすさまざまな弊害
3、どんな対策をとればいい?

1、雨漏りの原因はなに?

住宅のトラブルの中でよく見られるのが、雨漏りです。
放っておくと雨水による部材の劣化も招いてしまうのであなどれません。
そんな雨漏りはどんなことが原因で発生するのでしょうか。

屋根材の施工不良、老朽化による隙間の発生

まずイメージするのは天井から水がピチャピチャ…という光景ですね。
屋根からの雨漏りは、瓦やスレートなどの屋根材同士に隙間ができることで発生します。
隙間ができる原因には、元々の施工不良や老朽化による部材の破損があります。

外壁のひび割れ

意外かもしれませんが、木造住宅の雨漏り多発箇所には外壁からの浸水も考えられます。
特に比較的新しい建物で雨漏りが発生する場合、外壁からの漏れが少なくありません。
壁下地や仕上げの施工不良あるいは劣化が主要な原因です。

壁付換気扇からの浸水

トイレやキッチン周りの壁に扇風機のような換気扇が直についている仕様の場合は、直上の庇の有無、換気扇フードの形状によっては雨水が吹き込むことがあります。
ある程度築年数の経った物件では設備も老朽化しているので、さらに注意が必要です。

サッシ回り等の防水処理(コーキング)の劣化

サッシ周りの防水コーキングが痩せてしまっていて雨水が侵入していた、ベランダや屋上の床面と雨排水管の接続部から漏水していた、というケースもあります。
壁や床の開口に窓や配管をはめる際、その隙間にコーキング材というものを詰めます。これが開口部の防水処理と言われるものです。
コーキング材の成分はシリコン、ウレタンなどですが、経年劣化で破断や痩せが生じます。ここから雨水が浸入してしまうのです。特にサッシ回りは雨漏りが非常に多い箇所です。

2、雨漏りが引き起こすさまざまな弊害

雨漏りが起きて困ること…それは単に水が漏れてくることだけではありませんね。
そのままにしておくと、下記のようにいくつもの弊害を呼び込みます。

・雨水による建材の傷み、腐敗
・屋根や壁内部に湿気が溜まることによるカビの発生
・湿気を好むシロアリの発生
・雨水や湿気による家具などへのダメージ

このように、少しの雨水が、大きな損害につながってしまうことも想像できます。
怖いのは、雨水の漏れに気づいたとき既にこうした弊害も進行している恐れがあることです。
住宅には定期的なメンテナンスが大切とよくいわれますが、特に気をつけたいのが雨漏りによるトラブルなのです。

3、どんな対策をとればいい?

雨漏りに対してバケツを受け皿にして応急措置をしている女性

雨漏りの原因ごとに、どんな対策が必要か見ていきましょう。

3-1、屋根の不具合がある場合

経年劣化による屋根瓦、スレートのひび割れやズレなどが原因となる場合は、破損している屋根材及びその周辺の下地(雨水が染みています)の補修が必要です。規模にもよりますが、費用は20万円前後からと考えて下さい。
屋根材の傷みが激しい、または範囲が広い場合、屋根材の交換工事が必要です。
部分的な補修よりも根本的な改善となります。
工法には下記のようなものがあります。費用は100~200万円程度と考えられます。

・既存屋根の上に新たな防水層を設け、屋根材を重ねて設置するカバー工法
・下地ごと交換する葺き替え工事

3-2、外壁のひび割れがある場合

一部のサイディングの割れやコーキングの劣化については、部分的な補修もできます。
程度がひどく、それでは対応しきれない場合、外壁サイディングの取り替えが有効です。
工法には、下記のようなものがあります。

・既存壁の外側にもう一つの外壁を作る重ね張り工法
・構造部から更新する張り替え工法

3-3、壁付換気扇からの漏水の場合

換気扇の上には換気扇フードというカバーが取り付けられているはずです。
まずフードと外壁との間に隙間が空いていないか、防水処理がされているか確認します。ここに不備がある場合、コーキングを正しく充填する必要があります。それでも改善しない場合は、より防水効果の高いフードに替える手もあります。
換気扇の開口部から数十センチ下へ垂れ下がる象の鼻のような形状のフードです。

3-4、サッシ周りや外壁継ぎ目などの防水処理の不具合の場合

ほとんどの場合、該当部のコーキングを補修すれば解決です。
コーキングの材料や道具はホームセンターなどでも販売されています。施工もさほど難しくないので、ネットでは「DIYで解決する方法」なども載っています。ですが、雨漏りの原因となる箇所の特定、弊害の度合いなどに調査が必要なことも。
この場合いくらか費用はかかってしまいますが、安心感は得られます。

いかがでしたか。
被害を防ぐためにも、日頃からご自宅の様子に目配りを忘れないようにしましょう。

雨漏りの現地調査ならイエコマ

熟練スタッフによる雨漏りの現地調査が…

6,000円(税別)! 換気扇の点検 雨漏りの修理費用はどのくらいかかるのか…

保険が適用されることはあるのか…

雨漏り現地調査後、家の施工プロの視点から、ベストの解決策を提案させていただきます!

24時間365日受付

ページトップへ戻る