問合件数5000件突破!!

  • 排水管の高圧洗浄 対応可能エリア:群馬県

洗濯機から異臭がした際の対処方法

〈洗濯槽の清掃でも異臭が直らない場合、洗濯機の排水口から先が原因の可能性も〉

洗濯機から異臭がする場合、多くは洗濯機の洗濯槽の裏側にカビ等が発生していることが原因であることがほとんどです。
市販の洗濯槽用のクリーナーを使用して定期的に洗濯槽の清掃を行うことで異臭はなくなる可能性があります。しかし、それでも洗濯機の異臭が消えない場合は洗濯機の排水口から先、排水管部分で起こった詰まりなどが原因の異臭と考えられ、その異臭が排水ホース経由で洗濯機内に放出されている可能性があります。この場合は洗濯機の排水口から先の排水管の清掃が必要になります。

洗濯機の排水には、衣類の汚れ、洗剤や柔軟剤等の薬剤、そしてフィルターでは取り切れなかった糸くずや体毛などが混じっています。これらが排水管の内側にこびりつき、だんだん汚れとして蓄積していき、そこにカビや雑菌などが繁殖して異臭が発生するケースがあります。
通常なら定期的に市販の排水洗浄剤を使用することで排水口から内部の洗浄が可能ですが、長期間洗浄を行っていない場合や排水がスムーズに行われなくなった場合などは、根本的な排水管の清掃が必要となるのです。

排水管の清掃方法にも様々あります。近年人気が高いのは「高圧洗浄」方式と呼ばれるもので、普通の水道水をノズルから高圧で噴射することで、水圧で排水管内部に蓄積された汚れを一気に流してしまう方法です。
薬品等を使用せずに排水管内の汚れの除去があらかた可能ですので、高圧洗浄を専門とする業者に定期的に洗濯機の排水管の清掃を行ってもらうことが、洗濯機での異臭対策のひとつとして有効です。

群馬県について

gunmamap

〈関東地方の北西部内陸で、南東部の関東平野から東、西、北部の各山地部の地域を有する県〉

群馬県は日本列島のほぼ中央付近にあり、県西と県北の県境には山々が連なる一方で、南東部には関東平野が広がる内陸県です。県土の約2/3が丘陵山岳地帯で、県内のほとんどは利根川及びその支流の流域からなっています。
県の面積は約6万4千平方キロメートルで全国第21番目の大きさであり、関東地方では栃木県に継いで2番目です。平成25年10月1日現在の総務省統計局が発表した推計人口は、約198万人です。

〈県内各地で特徴のある農業が発展して、全国トップクラスの生産量を誇る農産物も多い〉

群馬県は関東地方では農業が盛んで、特に利根川流域での稲作や麦作を中心として、県内山間部での野菜生産、酪農、畜産業が盛んです。特に、夏秋キャベツやこんにゃく芋の収穫量や絹糸生産のための収繭量がそれぞれ生産高全国1位です。また、きゅうり、夏秋レタス、梅の生産量が全国2位、他にも生乳生産量をはじめ全国5位以内の生産量の農産物が数多くあり、首都圏を消費地とした農産物の主要生産地です。

〈製造業が盛んな地域で、特に輸送機器が出荷額の1/3を占めるとともに地場産業も盛んな県〉

群馬県は製造業の割合が全国平均との比較で非常に高く、工業の中でも「ものづくり」に関する産業が盛んです。県内製造業での製造品の出荷額では輸送機器の割合が1/3を占め、さらに製造業の事業所のうち中小企業が約98%と中小企業に支えられた製造業の割合が高いと言えます。
一方で県内では、自然風土や文化歴史等の地域資源を活かした多種多様な地場産業があります。農業産出額で全国上位にランクされた農産物を使用した、製麺やこんにゃく加工など食に関わる地場産業、古くから盛んな養蚕業による生糸生産から、「桐生織/伊勢崎絣」などの絹繊維関連の地場産業、県内の多くを占める森林を資源とする家具製造等の木工の地場産業など、地元に根ざした産業が地域や県の経済発展に重要な役割を果たしています。
今後も県経済への大きな役割が期待されています。

〈商業が盛んな一方で、県内に様々な種類の観光地を抱えて近年特に観光客が増えている県〉

群馬県には全国展開をする量販店の本社があるなど、商業が盛んで販売額が高い県です。また観光業分野でも、古くから名湯として有名な草津温泉や伊香保温泉などの温泉資源、近年世界遺産登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の施設があります。
また、日本でも有数の湿地帯である尾瀬湿原や山容の奇勝が有名な妙義山、活火山で高山植物や避暑地として人気の浅間山のような自然資源など数多くの観光資源を有し、首都圏に近接していることで手軽な観光地として賑わいを見せています。

ページトップへ戻る