問合件数5000件突破!!

  • 排水管の高圧洗浄 対応可能エリア:茨城県

風呂場の排水管を定期的にメンテナンスして詰まりを防ぐ

風呂場の排水管は住宅の水回りの中でも、特に詰まりやすい場所です。というのも、風呂場の排水口に毛髪等の体毛が流れてしまうからです。
流れた体毛にシャンプーや石鹸、人体の皮脂等の油分が絡み、排水管の内側に付着して排水管の水の流れに影響します。

また、風呂場の排水管の場合、カミソリの刃やシャンプー等ボトルの蓋、詰替え容器の切取り部、タオルの布片や水に溶けないコットンなど、排水口に流れ込む異物は数多くあります。これらが排水管内に留まりスムーズな排水を妨害するケースが多いのです。
さらに、その異物に体毛や油分がからむなどして、排水管での十分な排水が困難になるのみならず、異臭や害虫が排水管経由での侵入の原因になります。
一度こういった詰まりが起きてしまうと、修理するのにそれなりの金額がかかってしまいます。また、完全に直る保証がないため、まずは詰まりを起こさないことを意識しなければいけません。
普通は薬局等で購入できるパイプクリーナーを定期的に使用して、排水口の詰まりを防止しますが、これだけでは詰まりを完全には予防できません。やはり、プロの定期的なメンテナンスを依頼するのが無難であり、ベストな方法だと言えます。

また、排水管の詰まりが起きてしまった場合は、高圧洗浄をお勧めします。高い水圧の力で排水管内の汚れや異物を落とすので、特殊な薬剤を使用しません。
そのため、「下水道内での危険薬物の発生を防ぐ」と人気となっています。風呂場の排水管は、普段のパイプクリーナーでのメンテナンスと合わせ、定期的に専門業者に清掃メンテナンスを行ってもらい、快適な風呂の使用とともに排水管を長持ちさせましょう。

茨城県について

ibarakimap

〈変化に富んだ地形を有した県で、人口は全国11番目、可住地面積は全国4位〉

茨城県は日本列島のほぼ中央を占める関東地方の北東部にあり、東側を太平洋に面しています。県の面積は約6,100平方キロメートルで全国第24位ですが、平坦の地形が多く可住地面積は約4,000平方キロメートルと全国第4位です。
平成22年国勢調査の県の総人口は約300万人で、これは全国の都道府県では第11位となっています。
県の北部から北西部には阿武隈高地南部の山々があり、県中央部から南西部には関東平野の一部である常総平野が広がっています。また南東部には、面積が日本第2位の湖である霞ケ浦があり、水郷地帯となっています。

〈その地域毎に適した農業が盛んで、太平洋に面した水産業も盛んな県〉

茨城県では都市近郊型の農業が盛んで、県内各地で盛んな水稲をはじめとして、水郷地域の根菜類、つくば地域の葉野菜、山間部地域の果実や県全体で生産されるネギやニラ、しょうがなどの農産品が有名です。
一方、太平洋に面している沿岸部では、沖合で暖流と寒流が交わる好漁場として、沿岸漁業でスズキやタイ、ヒラメなどが、沖合漁業でイワシやサバ、サンマなどの漁獲高でも知られています。

〈県内各地に工業地帯を抱え、電機、製鉄、化学関係の製造業が盛んで研究機関も多い〉

茨城県内北部沿岸部には日立製作所の創業の地があり、現在も日立市から水戸市の地域には日立製作所やその関連会社の工場が林立して、各自治体が企業城下町となっています。
一方で、県南東部の太平洋沿岸の鹿嶋市には新日鐵住金の製鉄所をはじめとして、石油備蓄コンビナートや化学工業の拠点工場があり、鹿島臨海工業地帯として茨城県の新しい工業の中心地とされています。
さらに県南西部では、つくば市を中心に筑波研究学園都市が建設されて、全国の国立研究機関の1/4以上、職員数では半数近くを抱える学術研究都市となっているのです。周辺開発地区を含めると、官民合わせて約300の研究機関や企業が集まり、日本最大の研究開発センターが形成されています。

〈県内各所に有名な観光地を抱えて、東京方面からのアクセスも容易〉

茨城県では県内各所に数多く観光資源を抱え、関東では近郊の観光地としても有名です。県の北西部の山間部は、久慈川流域の渓谷美が観光資源となっています。また、水戸市には名庭園で梅の花の名所である偕楽園があり、一年中観光客で賑わっています。
他にも古代から関東の霊峰と崇められ万葉集でも歌枕となった筑波山、絹織物の結城紬や陶器の笠間焼などの各種伝統工芸品の生産地、及び県内各所に点在するゴルフ場など、茨城県内には観光客を惹きつける観光スポットが数多く存在します。

ページトップへ戻る