雨漏りの症状チェック7点|原因は屋根だけでなく水道管からも!?

LINEで送る
Pocket

「雨漏り」というと、天井からポタポタと水が垂れる様子を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、雨漏りは天井以外のさまざまな場所から発生します。

症状もさまざまで、「いつもジメジメしていて換気が悪いと思っていたら実は雨漏りだった」というケースもあるのです。

今回は、雨漏りの症状についてくわしく紹介します。雨漏りは早期発見・早期対処が重要です。雨漏りが発生したときすぐ発見できるように、雨漏りの症状について知っておきましょう。

雨漏りの症状

雨漏りはさまざまな場所で発生します。次のような症状が見られたら、雨漏りを疑いましょう。

天井から水が滴る

天井の雨漏り

雨の日になると天井から水がポタポタと滴る場合は、雨漏りしている可能性があります。

雨水が垂れるほど雨漏りしている場合は、雨が降るたびに被害が起こります。床が水浸しになったり、家財が濡れて傷んだりします。

天井や壁のクロスにシミができる

天井クロスのシミ

何も液体をこぼしていないのに、天井や壁のクロスにシミができた場合は、雨漏りしている可能性が高いです。シミは室内へ浸入した雨水やたまった湿気が乾くときにできます。

雨漏りが原因でできたシミは、放置するほど大きく広がるのが特徴です。

天井や壁とクロスの間に湿気がたまると、クロスの裏にカビが発生します。「クロスが剥がれたら裏にびっしり真っ黒なカビが生えていた」というトラブルで、雨漏りに気づくケースもあります。

結露が増える

青い結露

特定の部屋だけ結露が増えた場合は、雨漏りしている可能性があります。一部屋だけジメジメとして湿度が異常に高い場合は、他にも雨漏りのサインがないかチェックしてみましょう。

室内がカビ臭い

鼻をつまむ女性

特定の部屋だけカビ臭い場合も、雨漏りを疑いましょう。室内へ浸入した雨水で柱や構造部の木材が濡れて腐食し、カビが発生している可能性があります。

一見、雨漏りの症状がない場合でも、見えない場所で雨漏りしてカビが発生している可能性があります。
押し入れや靴箱の中、天袋は湿気がこもりやすくカビが生えやすいので、気づかないうちにカビが発生していることがあります。チェックしてみましょう。

ふすまや障子紙が波打つ

木と紙で構成されたふすまや障子は、もともと湿気を吸収したり放湿したりして、室内の湿度を快適に保つ機能があります。
しかし、過度な湿度を含んで波打つほど障子紙がたわんでいる場合は、雨漏りにより室内の湿度が高くなっている可能性があります。

ふすまや障子紙が波打っている場合や、以前に比べて戸の開閉がしづらくなった場合は、雨漏りを疑いましょう。

床が膨れる

室内を歩いたときに床がブカブカして、膨れている場合も雨漏りのサインです。床下は湿気がこもりやすく、腐食が進むと膨れが生じます。
天井から垂れた雨水が原因で床に水たまりができ、膨れている可能性もあります。

ベランダや屋上の床にも起こりやすい症状なので、日頃から状態をチェックしておきましょう。

外壁やバルコニーの塗膜が剥がれる

バルコニー塗膜剥がれ

雨にさらされ続ける外壁やバルコニーは、雨漏りしやすい場所のひとつです。
塗膜(塗料が乾燥して形成する膜)が剥がれていたり、膨れたりしている場合は雨漏りしている可能性があります。

雨漏り以外が原因の場合もある

雨漏りにはさまざまな症状がありますが、雨漏り以外が原因で水漏れするケースもあります。

結露

結露は温度差が生じるときに、水蒸気が水に変わり付着する現象です。雨漏りは季節に関係なく起こりますが、結露は外気と室内の温度差が大きくなる夏と冬に発生しやすくなります。
冬は壁や窓ガラス、ドアなど、目に見える場所に結露が起こりやすく、発見しやすいのが特徴です。

一方で夏は、目に見えない場所に結露が発生します。夜間に家の基礎が冷えて、壁の内側や基礎部分に湿った空気が触れることで結露が発生します。

結露を減少させるには、エアコンを稼働させて除湿したり、調理中・入浴後に換気をしたり、ストーブや調理中の水蒸気の発生を抑えるのがポイントです。

水道管からの水漏れ

水道管水漏れ

水道管が破損したときも水漏れが生じます。水道管は目に見える場所だけではなく、壁の中など目に見えない場所にもあります。

「晴れているのに壁や天井から水が染み出る」
「水を使用していないのにメーターが回る」
「いつもどおりに水を使用したが水道料金が高くなった」
などの場合は、水道管からの漏水をチェックしましょう。

キッチンや浴室など水回りからの水漏れ

洗面水漏れ

キッチンや浴室、トイレなどにある蛇口やタンクなどが破損して水漏れが生じることがあります。

水を使い始めると水回りが濡れたり、水回りの階下の天井が濡れたりする場合は、水回りからの漏水を疑いましょう。水回りからの漏水も、水道料金が高くなる現象が起こります。

エアコンの水漏れ

エアコン水漏れ

冷房時は「ドレンホース」といわれるホースで、エアコンの室内機で発生した水を室外へ排出します。ドレンホースがゴミで詰まったり折れ曲がったりしていると、正常に水が排出されずに水が逆流し、エアコンの下に水漏れします。

冷房を入れるとエアコンの下に水たまりができる場合は、エアコンをチェックしてみましょう。

動物の尿

壁や天井のシミは雨漏りだけではなく、動物の尿が原因となることもあります。
壁のシミは飼っているペットの尿の可能性があり、天井のシミは天井裏に住み着いているコウモリやネズミなどの尿が漏れ出ている可能性があります。

雨漏りが起こりやすい場所と原因

雨漏りは早期発見・早期対処が重要です。すぐに雨漏りのサインを見つけられるように、雨漏りが発生しやすい場所や雨漏りが起きる原因について知っておきましょう。

雨漏りの原因と対処法についてくわしくは、次のコラムで確認してください。

こちらの記事もチェック
雨漏りの原因と対処法攻略|雨漏り修理は簡単でもなく実は危険作業!?

雨漏りの原因と対処法攻略|雨漏り修理は簡単でもなく実は危険作…

雨漏りで困った経験はありませんか?梅雨どきや台風の時期などは…

2019.7.19
イエコマ編集部

雨漏りを放置するとどうなる?

雨漏りは放置すると建物だけではなく住む人の健康にも害をもたらします。雨漏り被害の恐ろしさを知り、雨漏りの症状を発見したらすぐに修理することが大切です。

雨漏りを放置することで起きる被害は、次のコラムでくわしく説明します。

こちらの記事もチェック
雨漏りを放置するとどうなる?健康被害や感電、火災のリスクも!

雨漏りを放置するとどうなる?健康被害や感電、火災のリスクも!

「雨漏り」といえば、屋根からポタポタと雨水が垂れる様子を思い…

2020.5.28
イエコマ編集部

雨漏りの調査方法

雨漏り修理は難しい作業で、修理後に再発する可能性があります。
修理をする前に、雨漏り箇所を特定する雨漏り調査がおすすめです。調査方法は何種類かあり、立地環境や建物の種類、調査する業者の技術力に応じて適する方法を選択します。

雨漏りの調査方法や調査ごとの特徴・費用については、次のコラムでチェックしましょう。

こちらの記事もチェック
雨漏りの調査方法は5種類|方法ごとの特徴や相場を紹介!

雨漏りの調査方法は5種類|方法ごとの特徴や相場を紹介!

「天井から雨水が垂れてきた」「室内が湿っぽい」など、雨漏りや…

2020.6.10
イエコマ編集部

雨漏り修理の業者選びのポイント

雨漏り修理の業者の中には、手抜き作業や不正工事を行う悪徳業者も存在するため、注意が必要です。
雨漏り修理をする業者には、高い技術力と経験が求められます。複数の業者に見積もりを依頼し、担当者の対応や見積もり書を確認しながら優良な業者かどうか見極めなければなりません。

雨漏り修理業者の選び方については、次のコラムでくわしく確認しましょう。

こちらの記事もチェック
雨漏り修理は業者選びが大切|この6つに注目して悪徳業者を回避!

雨漏り修理は業者選びが大切|この6つに注目して悪徳業者を回避…

雨漏りが発生したらすぐに修理しなければなりません。しかし、焦…

2020.7.3
イエコマ編集部

イエコマの「屋根・雨漏り診断」

ハウストラブルを解決するエキスパート「イエコマ」では、「屋根・雨漏り診断」を承っております。
雨漏り箇所の特定は難しい作業ですが、修理後に不具合が生じた場合も誠実に対応するなど、アフターフォローがしっかりしているので安心してお任せください。

経験と実績豊富な職人が、親切ていねいに対応いたします。
現在、住まいに雨漏りの症状が発生しているのなら、まずはどうぞお気軽にイエコマへお問い合わせください。

火災保険が適用できるケースも

雨漏り修理に火災保険が適用できるケースがあるのをご存知でしょうか?

「修理費用が高額になるかも」と雨漏りに気づいていてもなにもできないでいるのならば、加入している火災保険をチェックしてみましょう。場合によっては雨漏り被害を受けた家財も補償対象に含まれる可能性があります。

雨漏りに火災保険が適用されるケースについては、次のコラムでくわしくご確認ください。

こちらの記事もチェック
損してる?その雨漏りは火災保険の適応ケースかも!

損してる?その雨漏りは火災保険の適応ケースかも!

屋根の雨漏りを修理する際に、実は火災保険が適用されるケースが…

2017.3.7
イエコマ編集部

まとめ

今回は雨漏りの症状について説明しました。雨漏りは家の中のさまざまな場所から発生する恐れがあります。雨漏りのサインを見逃さず、万が一発見したときはすぐに修理を依頼しましょう。

ハウストラブルを解決するエキスパート「イエコマ」では、「屋根・雨漏り診断」を承っております。
住まいに雨漏りの症状がみられる方、自分では判断できず不安な方は、どうぞお気軽にイエコマへお問い合わせください。

屋根・雨漏り診断ならイエコマ

熟練スタッフによる屋根・雨漏り診断が…
屋根・雨漏り調査:現地調査お見積り無料
散水調査・赤外線調査:50,000円
換気扇の点検
雨漏りの修理費用はどのくらいかかるのか…
保険が適用されることはあるのか…
雨漏り現地調査後、家の施工プロの視点から、ベストの解決策を提案させていただきます!

24時間365日受付

イエコマの『雨漏りの現地調査』の詳細

ページトップへ戻る