• 排水管の高圧洗浄 対応可能エリア:福島県

〈台所の排水管の定期的な詰まり予防は高圧洗浄が有効〉

皆さんは「台所のシンクに油を流さないように」という注意を見たことはありませんか。これは「油を下水に流すことで自然環境への悪影響を引き起こす」ことから啓発されているものです。
しかし、もっと身近な問題として「油が排水管の内側にこびりつくことで、徐々に排水管の流れを悪化させる」という点があります。

直接油をシンクに流さなくても、揚げ物や炒め物、肉や魚を使った煮物や鍋物を作った際に調理器具や器には油脂が残り、それらを洗浄することで排水口に流れ込む油脂の量も増えます。
その結果、これらの油脂が少しずつ排水管の内側にこびりつき硬化することで排水を悪くします。
とは言っても、料理で使う油や食材から出る脂は完全には防げず、全くシンクに流さない事は出来ません。また、食材の切れ端や調味料の蓋などの異物を誤って排水管に流すこともあり、排水管の詰まりを起こす原因をゼロにすることは不可能と言えるでしょう。

原因をゼロにすることが出来ないということは、普段から詰まりを予防していく必要があります。一般的に詰まり予防にはパイプクリーナーを使用しますが、これでは完全に詰まり予防をすることはできません。パイプクリーナーは、あくまでも予防のサポート的な存在だと考え、基本的にはプロの業者に定期的なメンテナンスを依頼すると良いでしょう。

また、排水管の詰まりのメンテナンス方法も様々ありますが、イエコマでは高圧洗浄をお勧めしています。薬剤等を使用せずに高圧で放出した水の勢いで、排水管内部にこびり着いた汚れや異物を洗い剥がします。そのため、一度の作業でほぼ排水管全体の汚れを除去できます。定期的に行えば有効な排水管の詰まり予防にもなるのです。

福島県について

fukushimamap

〈東北地方の南部で、東側の太平洋岸から西側の奥羽山脈や越後山脈に至る県域を持つ〉

福島県は東北地方最南部に位置し、面積は約1万4千平方キロメートルで、全国第3位の広さを持つ県です。人口は平成25年8月1日現在で約195万人となっています。
県は太平洋に面して東西に長く、南北方向に連なる阿武隈高地と奥羽山脈によって、太平洋と阿武隈高地の間の「浜通り」、阿武隈高地と奥羽山脈の間の「中通り」、そして奥羽山脈より西側の「会津」の3地域に分けられます。

〈その地域毎に適した多彩な農業が盛んで、太平洋に面した水産業も盛んな県〉

福島県では、各地域の自然条件を生かして多種の農産物が生産されています。米作が全農業生産額の4割以上を占めていますが、それ以外にもサヤインゲン、キュウリ、トマトなどの野菜やモモ、ナシ、リンゴなどの果物など、全国で生産量シェアの高い農作物を数多く作っています。
一方浜通りでは、太平洋沖に南からの暖流と北からの寒流がぶつかる潮目が発生して良い漁場となり、カツオやタコ、ヒラメなど100種類を超える魚介類が水揚げされます。
さらに、県全体の約70%を占める森林の面積は約97万3千ヘクタールと全国第4位の広さであり、この森林を活用した木材やキノコ、山菜などが生産されています。

〈県内にいわき市と郡山市の2つの工業の中核拠点を抱え、今後も発展が見込める〉

福島県には工業の拠点が2都市あり、ひとつは浜通りのいわき市、もうひとつは中通りの郡山市です。常磐炭田で栄えたいわき市は、石炭産業の衰退から電機、化学等が中心の製造業へ産業の転換に成功して、現在は製造品出荷額が1兆円を超える東北第1位の工業都市です。
一方、明治時代の安積疏水の開通で農地の確保を可能とした郡山市は、地理的条件の良さと高速交通網の発展で、全国でも稀な「人、モノ、情報の交流拠点」となり、各産業がバランスよく発展しました。現在は、高度技術産業の立地を核とした工業振興とともに、産学官の連携での新製品・新技術の開発、及び高い付加価値型の新事業創出の拠点となっています。

〈県内各所に有名な観光地を抱えて、東京方面からのアクセスも容易〉

福島県の3地域のうち、浜通りでは千年以上の歴史を持つ神事「相馬野馬追」や、映画「フラガール」の舞台となった炭鉱跡の温泉施設「スパリゾートハワイアンズ」等の観光資源があります。中通りでは「智恵子抄」で有名な日本百名山「安達太良山」や、「磐梯熱海」「飯坂」など数多くの温泉街が観光資源です。
会津では、「猪苗代湖」や「磐梯山」などの自然の景観、歴史ドラマで描かれた「新島八重」や「野口英世」などの偉人の故郷や、幕末期の歴史を偲ぶ城下町「会津若松」などの歴史遺産が観光の目玉になっています。

ページトップへ戻る