• 排水管の高圧洗浄 対応可能エリア:神奈川県

台所の排水溝のつまり

台所の排水溝のつまりの主な原因は油汚れだと言われています。油汚れは短期間で排水溝をつまらせる原因にはなりませんが、徐々に排水溝に蓄積された油は、少しずつ排水パイプを狭くし、いずれ固形化して一般的な家庭用パイプクリーナー等では解消することが難しくなってきます。
完全に固くなってしまった古い油汚れは変質してしまっているため、自分で取り除くのは困難と言えます。市販のパイプクリーナーもいいですが、注意事項を守らないと有害な塩素を発生させたり、配管を傷めてしまうという可能性があります。

パイプクリーナーの使用が不安な方には、重曹とお酢を活用することをお勧めします。方法は、まず重曹を排水溝にたっぷりと振りかけ、その上から重曹の半分程度の量の温めたお酢を、重曹にまんべんなくかかるように回し入れます。5分ほど放置して泡立ち始めたら、さらに30分ほど放置してください。
最後にお湯で排水溝を流せば、食材や油などの汚れが綺麗に落とせます。この時発生する泡は有害なものではありません。

これでも解消されない場合、奥の方で何か大きなものが詰まっている可能性があります。台所の配管は自分でも簡単に外すことが出来るので、シンク下のS字パイプのネジを外して配管を真っ直ぐの状態にし、配管内に針金やブラシを入れて洗浄をすることで、詰まりが解消されることがあります。
しかし、本来であればここまで詰まりが悪化する前に、プロの業者にメンテナンスを依頼するべきだと言えます。排水溝は一度詰まりを起こしてしまうと再発しやすく、必ずしも毎回の作業で直るというわけではありません。家の排水管を長持ちさせたいのであれば、定期的なメンテナンスを業者に依頼することをお勧めします。

神奈川県について

kanagawamap

〈自然も豊かでありながら、全国2位の規模を誇る〉

神奈川県は日本列島のほぼ中央に、また関東平野の南西部に位置しています。地形は大きく分けて、西部は山地、中央は平野と台地、東部は丘陵と沿岸部の三つに分けられます。面積は約2416平方キロメートルで人口は約911万6千人です。
山岳は箱根と丹沢山塊で、相模川や酒匂川は県の重要な水資源として高度利用されています。また、芦ノ湖をはじめ、相模湖、津久井湖、丹沢湖、宮ヶ瀬湖など水資源利用のための人造湖があるのが特色です。京湾側京浜地帯は高度に発達した港湾となっています。
さらに、富士箱根伊豆国立公園の一部である箱根、湯河原の温泉地帯、丹沢の山岳地帯や4つの県立自然公園、その他「歴史の都」鎌倉など、産業、文化とともに豊かな自然環境と観光資源に恵まれた郷土です。

〈異国情緒漂う街並みから歴史ある建造物まで見所が満載〉

神奈川県の観光地として代表的なのが横浜と鎌倉です。
横浜は横浜港開港以来、西洋文明発祥の地として知られ、ガス灯・写真館・アイスクリーム・街路樹・新聞・電話などの発祥地となった馬車道、歴史的建造物として有名な「ホテルニューグランド」がある公園通りがあります。他にも、西洋人とともに来た中国人の外商が商売を始めた中華街、開港当時外国人居留地として拓かれ現在もそれらの邸宅が歴史的建造物として大切に遺されている山手があります。
鎌倉には鎌倉の大仏さんとして親しまれている高徳院鎌倉大仏殿や、康平6年(1063)源頼義が京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りし、治承4年(1180)源頼朝公が現在の地鎌倉にお遷しし、 建久2年(1191)に現在の姿に整えられた鶴岡八万郡があります。当宮への信仰を背景に鎌倉を中心として興った質実剛健の気風は、その後「武士道」に代表される日本人の精神性の基調となりました。

〈洋食文化発祥の地 横浜〉

異国文化の玄関口として西洋を受け入れてきた横浜は、様々なグルメの発祥の地でもあります。
庶民の味、ナポリタンはホテルニューグランドの総料理長が考案したメニューと伝えられています。またアイスクリームは、明治2年に横濱馬車道で作られた「あいすくりん」がその始まりとされ、明治21年に初代・打木彦太郎が「横浜ベーカリー宇千喜商店」として創業した「ウチキパン」では日本の食パンの元祖とされるレシピを受け継いだイギリスパン 「イングランド」を買うことができます。
また、新幹線駅で弁当としても買う事の出来る有名な「崎陽軒」は昭和3年からシウマイを販売するなど、食文化でも歴史を感じとることができる地域だと言えます。

ページトップへ戻る