ハウストラブルコラム

部位別

玄関網戸は4種類!価格は千円台~10万円以上まで。確認事項も解説

家に風を通して涼しくしたい時や、湿気や臭いを室外に追い出したいとき、「網戸が玄関にもあれば玄関ドアも開けておけるのに」と思ったことはありませんか? この記事では、玄関網戸のメリットや種類、DIY...

続きを読む

網戸の隙間の原因は5つ!網戸の使い方だけで解決することも!

網戸の周りに隙間があると、そこから蚊やゴキブリなどの害虫が入ってくる恐れがあります。これでは、網戸本来の性能を発揮できず、快適な生活を送ることができません。 今回は網戸の隙間についてくわしく解説...

続きを読む

洗面台の排水管トラブルには交換か掃除!業者対応の相場は1~3万円

洗面台の排水管が突然詰まったり、水漏れが起きたりすると、とても焦りますよね。 洗面台の排水管のトラブルは、自分で解消できる場合と、業者に依頼しないと解決できない場合があります。 ここでは、...

続きを読む

【築年数別】住宅の劣化状況と長くお家に住み続けるコツを紹介

住宅は、築年数が経つにつれて、さまざまな部分が劣化していきます。 劣化の程度や原因は、住宅の構造や材質、環境などによって異なりますが、長く住み続けるには定期的な点検・メンテナンスが不可欠です。住宅の...

続きを読む

洗濯機の防水パンとは?サイズの主な規格は3種類!測り方や注意点も

洗濯機の水漏れを防いでくれる「防水パン」について知っていますか? 「洗濯パン」や「洗濯機パン」とも呼ばれるものです。 防水パンは、洗濯機の下に設置されているプラスチック製の受け皿状のも...

続きを読む

効果はどれくらい?排水管をきれいにする高圧洗浄の基本知識

排水管のクリーニングに有効なのが高圧洗浄です。強力な汚れや臭いを取り除いてくれるその効果をご紹介しましょう。 高圧洗浄の効果とは ちょっとした排水管のつまり程度であれば市販の配水管洗剤で改...

続きを読む

排水管の詰まりについて知っておくべきこと

キッチンやお風呂など毎日のように使う水回り。排水管は、使用した汚水を下水道管へと流す役割があります。 今回は排水管が詰まる原因や詰まったときの対処方法について紹介します。詰まりが生じると日々の生...

続きを読む

排水設備に欠かせない「排水枡(マス)」とは?

普段の生活ではあまり聞くことのない「排水枡(マス)」。 排水枡は、住宅内の水回りから出る排水や汚水を敷地外の排水本管へ流す際に、ごみ溜(た)めの役割を果たす重要な設備です。 排水枡は、定期的に...

続きを読む

キッチンの壁材の種類は?壁材の特徴も解説!

キッチンは家の中で最も汚れやすい場所の一つです。とくにコンロ周りの壁は、はねた油や水分、食べ物のかすなどが付着しやすく、カビや臭いの原因になります。 このため、キッチンのコンロ周辺の壁材には、汚れに...

続きを読む

ウォシュレットの水漏れの対処法!修理はメーカーに依頼がおすすめ

トイレで水漏れが起きている場合、ウォシュレット(温水洗浄便座)が原因かもしれません。 ウォシュレットの水漏れは、トイレ内の湿気やカビ、水道代の増加にもつながるので、なるべく早く対処したいものです...

続きを読む

部屋のにおいの原因とにおい対策の方法

部屋の嫌なにおいは、気分が悪くなったり、健康に悪影響があったりする恐れがあります。 部屋のにおいの原因はさまざまですが、一般的には、空気の循環の悪さや湿度の高さ、溜まったゴミや汚れ、ペット、食べ...

続きを読む

ウォシュレットの故障7パターンと対処法!修理費用目安は2~8万円

今や一般家庭の約8割に普及している※ウォシュレット(温水洗浄便座)。快適なトイレライフになくてはならないものだけに、不具合や故障が起きると困りますよね。 この記事では、ウォシュレットのトラブル時...

続きを読む

洗面台と洗面化粧台の違いは?|種類と素材の紹介

お風呂場やトイレには欠かせない洗面台と洗面化粧台。これらは見た目が似ているので、どちらも同じものだと思っている方も多いかもしれません。 しかし、実は洗面台と洗面化粧台には違いがあります。この記事では...

続きを読む

網戸の張り替え料金は1枚で1,000~6,000円が相場!

自宅の網戸のネットに破れやほつれを見つけたとき、「網戸の張り替えの料金はどのくらいなんだろう?」と気になりますよね。 このページでは、網戸の張り替え料金の相場や、料金を大きく左右するネットの種類につ...

続きを読む

イエコマの排水管クリーニングに関するQ&A

Q.排水管クリーニング(外・内配管)の作業箇所はどこですか A.トイレを除く、台所、洗面、浴室、洗濯機の4か所になります 室内、室外の両方から、高圧洗浄機で作業を行います。 ※状況によっては、...

続きを読む

排水桝の掃除はスコップやトングで!掃除方法や業者依頼の場合の費用

家庭で使用した生活用水が下水道へと流れるときに通る、排水桝(はいすいます)。 「敷地内のどこに排水桝があるのか知らない」「今まで掃除したことがない」という人も多いでしょう。 今回は...

続きを読む

水道管の破裂の対処法と原因!修理費用の目安と予防方法も解説

「水道管の破裂」というと、勢いよく水が噴き出している様子を想像してしまいますね。実際には、小さなヒビや割れ目から少しずつ水が漏れていて、気づかない破裂もあります。 この記事では、水道管が破裂した場合...

続きを読む

排水管が汚れる原因|自分でできる排水管の掃除方法

台所や浴室などから出る汚水を、下水道管へと流す役割がある排水管。内部に汚れが蓄積すると、スムーズに排水されなくなるため、水回りを使うたびにストレスを感じるでしょう。さらに汚れには、雑菌やカビが繁殖する...

続きを読む

東西のお風呂文化の違いと日本のお風呂文化の歴史

お風呂は、日本人にとって特別な意味を持った場所です。多くの日本人にとって、お風呂はただ身体を洗うだけでなく、心身を癒す場所でもあります。 英語圏では、お風呂をバスやバスルームと呼びます。お風呂文化は...

続きを読む

網戸の形とネットの種類を解説!あなたの家に合った網戸がわかる!

自宅の網戸のメンテナンスにあたって、網戸の形状や、網(ネット)の種類の多さに驚いた人もいるでしょう。 「現在使っているのと同じ種類でいいのか、変えたほうがいいのか」と迷いますよね。 ...

続きを読む

壁紙のヤニ落としの方法と洗剤を紹介!ヤニが取れないときの対処法も

壁紙がタバコのヤニで汚れていると、独特な臭いが染み付いたり、黄ばみが気になったりしますよね。とはいえ、禁煙やご近所トラブルが心配でベランダでの喫煙が難しい人もいるでしょう。 今回は、タバコのヤニ...

続きを読む

最近よく耳にする耐震基準ってなに?詳しく教えて!

建築基準法とは 地震等による災害で一番懸念されるのが、建築物の損壊や倒壊による国民の生命や財産への被害です。 そもそも日本に限らず法整備が整っている文明国においては、災害時だけでなく通常時において...

続きを読む

建築物に求められる耐震基準ってなに?詳しく教えて!

耐震基準が制定された経緯は? 近年日本で発生した地震災害といえば、おそらく阪神・淡路大震災と東日本大震災を思い浮かべる人が多いかと思います。 大正時代に発生した関東大震災から長らく大地震が発生しな...

続きを読む

耐震基準の基本をおさらい あなたの家は大丈夫?

近年も各地で大地震が発生していて、自宅の耐震性について不安に思うことも多いですよね。 意外と知られていないのですが、日本の耐震基準は年々変化していることをご存知ですか? この記事では、地震に対する...

続きを読む

耐震工事はなぜ必要なの?

地震大国といわれている日本。近年だけでも、震度7クラスが数度起きています。1995年の阪神淡路大震災、2000年の鳥取県西部地震、そして、2011年の東日本大震災は大変な被害を生み出しました。 ...

続きを読む

自分の家は自分で守りぬく!自分でできる雨漏り5つの対策!

雨漏りが発生すると室内がぬれたり嫌な臭いがしたりと、とにかく困りますよね。 雨漏りを放置していると家の内側でどんどん腐食が進み、最悪の場合、家を建て替えなければいけなくなってしまいます。 雨漏り対...

続きを読む

新耐震基準をクリアしてれば大丈夫なの?更なる耐震強度を求める人は必見!

地震時における新耐震基準の効果は? ウチは新耐震基準に対応した家だから地震があっても大丈夫! そう思って安心している人も多いでしょうが、新耐震基準に対応した建築物だからといって本当に安心できるので...

続きを読む

あなたの住居は大丈夫?耐震性で一番に求められる基礎補強

耐震補強の必要性 阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など、近年発生している数々の大地震。 自宅の耐震性は大丈夫なのか?と心配している人も少なくないでしょう。さらに、今後30年の間にはマグニチ...

続きを読む

瓦屋根の耐震性を他の屋根材と比較!屋根材の重さだけが耐震有利と言えない?

「瓦屋根の家は地震に弱い」という説がありますが、そのようなことを聞くと、瓦屋根の家に住んでいる人は不安になってしまいますよね。 しかし、瓦屋根の家が必ずしも地震に弱いわけではありません。 家の耐震...

続きを読む

【雨漏り修理する人必読】修理前に行う調査方法や費用・修理方法など

雨漏りは屋根から雨水が浸入して起こるもの、と思っていませんか?雨漏りは、外壁やベランダなど、雨にさらされた場所ならどこでも起こるトラブルです。 日本の一般住宅の半分以上を占める木造住宅にとって、...

続きを読む

ページトップへ戻るTOP